名フィル定期(第353回)

昨日は名フィルの定期演奏会に行ってきました.穏やかな一日でしたが、お客さんの入りはいまいち?でした.

さて、プログラムは
アダムス:Short Ride in a Fast Machine
フォーレ:ピアノと管弦楽のためのバラード
シューベルト:幻想曲『さすらい人』
ベートーベン:劇音楽『エグモント』全曲
です.なじみのない方にはやっぱり???でしょうか.(~0~)

今年は新たな常任指揮者(ディエリー・フィッシャー)が就任し、彼も発想で非常に独創的というか意欲的なプログラムが組まれています.


最初の曲はファンファーレのようで、題名の通り、レーシングカーに乗って突っ走るような曲、先月見に行ったMETのオペラDoctor Atomicと同じ作曲家です.

次の2曲はピアノつき、協奏曲ではないのですが、ピアニストがよかったです.アイルランド出身で、まだ30代だと思うのですが、テクニックだけでなく情感がこもっていて、特にフォーレ(フランスの作曲家)はうっとりするようないい演奏でした.CDを買って予習したのですが、やっぱり生は違います.

シューベルトは、もともとピアノだけの曲だったのをリストが管弦楽とピアノの編成に編曲した版です.有名な作曲家ですし、『未完成』とか『鱒』とか『魔王』とか、学校の観賞曲になっているので聴かれたことがあるのではないでしょか?
シューベルトはピアノ曲もたくさん作っていて、習っていた方は発表会用などで弾いたことがあるのでは? ただこの曲は難曲だそうです.(^_^)
やはりオケ用に編曲すると音の厚みが違いますが、どっちがいいと感じるかはヒトによるでしょう.オケになじんでいる私はやはり、ピアノだけではちょっと頼りなく感じます.

最後は、多分私も生涯最初で最後の機会かと思うくらい珍しい選曲です.序曲だけは何度も聴いているし、やったこともあるのですが、全曲版は非常にまれ.本来は演劇の劇中の挿入曲.演奏会では劇の筋を説明する語りとソプラノが入ります.
このソプラノがまたよかった.名古屋出身の歌手(星川美保子さん)でしたが、声がなんとも優しくて透明感があって、プログラムに載っていたプロフィールには宗教音楽が得意とあったのですが、うなずけます.ちょっとお話してみたいくらいです、結構きれいだったし.
(^_^)

全体として、今回は『聴かせる』曲を並べています.実は今回のコンサートのテーマは『夜のさすらい人の歌』.なるほど、どことなく不安定な気分にさせられたかもしれません.ついつい聴き入ってしまうのだけれども、何となくつかみ所のない響きが印象的でした.