ベルリン・フィル八重奏団:シューベルト八重奏曲

先週末は土曜日に名フィル定期で世界一のホルンを聴き、日曜日には世界一のオーケストラのアンサンブルを堪能しました。

岐阜のサラマンカホールでベルリン・フィル八重奏団のコンサートで
リヒャルト・シュトラウス(ハーゼンエール編曲):もう1人のティル・オイレンシュピーゲル
モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調
シューベルト:八重奏曲ヘ長調
を聴きました。

サラマンカホールは岐阜県庁の近くにあるコンサート専用ホール。立派なパイプオルガンがあり、豪華なシャンデリアも印象的です。内装はすべて木、それほど大きくありませんが、その分ステージも低く、アットホームな雰囲気のいいホールです。数は多くないと思いますが、有名な演奏家を招いてコンサートが開かれています。近くの方は是非行かれるといいと思います。

さて、今回聴いたアンサンブルはその名の通り、世界一のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)のメンバーで構成されていて、ベルリン・フィルのメンバーによるアンサンブルとしては最も歴史があるとか。もともと今回演奏されたシューベルトの八重奏曲を演奏するために結成されたそうで、まさに十八番の一曲を聴くことができました。

八重奏曲の編成は、1stヴァイオリン、2ndヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ファゴット、ホルンがいずれも1人ずつ。ミニ・オーケストラのような編成で、当時の室内楽曲の流行にしたがった6楽章構成ですが、約1時間という大曲、交響曲並みです。演奏はとにかくすばらしく、何かコメントするのも失礼なくらいですが、特に2楽章の美しさに聴き惚れ、6楽章の迫力には圧倒されました。

2楽章は冒頭のクラリネットのメロディを変奏曲風に他の楽器が引き継いでいくのですが、まるで1人で演奏しているかのように雰囲気を維持しならの流麗な音楽。6楽章は冒頭にゆっくりしたテンポの序奏がつくのですが、すばらしい緊張感で会場を圧し、そのあとのアレグロテンポの部分は演奏者の気迫、音楽への情熱のほとばしりのようなものを感じました。

このような曲はもともとは娯楽的な要素の強く、サロンで食事やおしゃべりを楽しむためのBGMのような位置づけで作曲されています。この八重奏曲の作曲のいきさつは詳しく知りませんが、そんなに外れてはいないと思います。しかし、そんな軽い曲であっても真摯に向かい合うことによって高い精神性を持った演奏ができることを改めて感じました。

ところで、今回のメンバーはベルリン・フィルの首席奏者がほとんどですが、1stヴァイオリンはベルリン・フィルの第1コンサートマスターである樫本大進。ご存じない方も多いでしょうが世界一のオーケストラのリーダーが日本人です。日本人のレベルは世界屈指。昨日発表されたアメリカ・グラミー賞でもヴァイオリニスト・五島みどりの参加したアルバムが受賞しています。