名フィル定期 第448回と第449回

 8月はクラシックの世界も夏休み、7月は21日と22日、9月は8日と9日にそれぞれ定期演奏会がありました。

 7月定期は《メキシコシティ/マイ・メキシカン・ソウル》と題して
モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》序曲
モーツァルト:クラリネット協奏曲
モンカーヨ:ウアパンゴ
マルケス:ダンソン第2番
ヒナステラ:バレエ《エスタンシア》組曲
クラリネット独奏:アレッサンドロ・カルボナーレ
指揮:アロンドラ・デ・ラ・パーラ

 指揮者はメキシコ出身の女性、クラリネット独奏は、イタリア最高のオーケストラであるサンタ・チェチーリア国立管弦楽団の首席奏者です。

 前半はオーソドックスなコンサートのスタイル。聴きどころ2曲目。管楽器の協奏曲の中で最も有名な曲だと思います。CDでいろんな演奏を聴いていますが、カルボナーレのクラリネットはなめらかな音色で、しっとりとした心にしみるようなモーツァルトでした。一方で、ソリスト・アンコールは自身でアレンジした曲なのか、調節技巧を見せつけるかのようなすばらしい演奏でした。

 後半は指揮者の出身地である中南米出身の作曲家の曲が並びました。いかにも「ラテン」という雰囲気で、楽しい曲ばかりです。最後の曲(組曲の第4曲「まらんぼ」)はコンサートを締めくくるにふさわしいリズムと迫力のある演奏。今回はプログラム終了後にオーケストラアンコールとして最後の曲をもう1度演奏してくれました。このときは聴衆もスタンディングで手拍子を打ちながら、ポピュラー音楽で言う「さび」の部分でジャンピング。クラシックのコンサートとは思えない雰囲気で盛り上がりました。

 9月定期は《南京/中国のふしぎな旋律》と題して
ストラヴィンスキー:交響詩《夜鳴きウグイスの歌》
ウォルトン:ヴィオラ協奏曲
アルヴォ・ペルト:フラトレス
ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容
ヴィオラ独奏:ウェンティン・カン
指揮:井上道義

  ミュンヘンの時にも触れましたが、クラシックのコンサートに出演者のキャンセルはつきもの。今回は、予定されていた指揮者のマーティン・ブラビンスがキャンセル。急遽、指揮者が変更。あわせてプログラムの一部も変更されて行われました。

 指揮者の井上は国内の主要なオーケストラでシェフを務めてきた我が国を代表するマエストロです。子どもの頃はバレエを習っていたそうですが、踊るように指揮をします。

 ヴィオラ独奏のカンは中国出身。パンフレット等には生年が記されていないのですが、キャリアから推測するとたぶんまだ20代。現在はスペインのマドリッドを拠点に活動しているそうです。ヴィオラ独特の柔らかくて暖かみのある音色は耳に優しく、聴いていて落ち着きます。この曲は管楽器は一般的な編成ですが、弦楽器はやや人数を少なくして演奏されました。その効果なのか、ヴィオラ独奏がオケの1つのパートであるかのように、全体の中によく溶け込んでいました。オケの音の中から気がつけばヴィオラの音が聞こえたり、いつの間にかヴィオラの音がオケの音と重なっていったり。CDで聴くと、録音がミキシングされて独奏部分が目立つよう聞こえてくるため、生演奏ならではの経験です。

 今回のプログラムはすべて20世紀に作曲された曲、言わば「現代音楽」だけをプログラミングしており、なかなか意欲的です。定期演奏会というのは、そのオーケストラの最も重要な演奏活動で、ここでもレパートリーや演奏水準でオケの実力が評価されます。こういうプログラムを組んで、なおかつお客さんが来てくれると言うことは、オケも聴衆の水準が高いと言うことでしょうか。

 後半は本来予定されていた曲をキャンセルして、井上のレパートリーの中から選んだ曲が新たに加えられました。
 初めて聴く作曲家で、予習しようにもCDもなく、あわててToutubeで探して聴いてみました。弦楽器と打楽器という珍しい組み合わせの短い曲です。やや悲しい雰囲気を感じさせる静かな曲です。今回のプログラムの中で最も心ひかれました。

 作曲者のペルトはエストニア生まれで、現在83歳。中世やルネサンス期の音楽を研究しながら、独自の様式を確立されたとのこと。古い宗教音楽のような雰囲気が漂いながらも、現代の響きを取り入れています。メロディーらしい部分はほとんどなく、むしろ、聖歌風の短いフレーズを強弱の変化をつけながら何度も繰り返すだけです。打楽器はクラベスという、拍子木のような打楽器をバスドラムの上で叩いて、両方を同時にならしています。単調な中にも深い精神性を感じました。

 9月から来年末くらいまでは、栄の芸術劇場コンサートホールが改修工事を行うため、名フィルの定期演奏会は全て金山の市民会館で行われます。栄のコンサートホールが1800席であるのに対して、市民会館は2200席。やや大きいため、席にはだいぶん余裕があるようです。たぶん、当時行っても十分に空いていると思います。「無料親子席」というのもあるようです(http://www.nagoya-phil.or.jp/news/news_2017_07_10_104124)いかがですか?