ドン・ジョヴァンニ(METライヴビューイング)

やや時間がたってしまいましたが、名フィル定期の翌日に行ったMETのモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》の感想です.

非常に有名なオペラで、上演頻度も高く、多くのオペラをつくったモーツァルトの作品の中でも名作の1つです.
ライヴビューイングのHP(ここ)では
「天下のプレイボーイの没落を鮮やかに描くモーツァルトの大傑作」
と謳っています.
その通りで、ヨーロッパで昔から語り継がれる「ドン・ファン」という話をたたき台にして、ロレンツォ・ダ・ポンテというモーツァルトの同時代人が書いた台本を基に作曲されています.


あらすじは
18世紀、スペインのセヴィリャ。青年貴族のドン・ジョヴァンニは、2065人!をものにした史上最強のプレイボーイ。今宵も騎士長の娘ドンナ・アンナの寝室へ忍び込むが、アンナに騒がれ、父の騎士長と争う内に殺してしまう。豪胆な彼の次の獲物は、婚約者のいる村娘のツェルリーナ。一方ドン・ジョヴァンニに捨てられたドンナ・エルヴィーラは彼を諦めきれずに追いかけるが、天罰の下る時が近づいていた・・・。 」(HPより)

いろんな演出があり、時代背景などを抽象化していることも多いのですが、今回はその時代らしい衣装や舞台背景を使った「オペラらしい」演出でした.時折客席から笑いも出ていて、第一級の娯楽作品というところでしょうか?
HPには
「オペラ史上最高のアンチ・ヒーローにして疾走するフェロモン、ドン・ジョヴァンニ。あまたの女性を翻弄してきた彼が「愛」と「死」に弄ばれて破滅する、モーツァルト随一の劇的オペラが、
M.グランデージの卓越した演出でよみがえる。天下のプレイボーイを演じるのは、METの若きスター・バリトン、M.クヴィエチェン。イタリアの名花B.フリットリ、パワフルな歌姫M.レベッカらMETならではのより抜きのスターたちが、光と影のドラマを彩る。」
と紹介されています.

主演のクヴィエチェン(どこの国の人だったか?^_^;)は、ドン・ジョヴァンニ役にうってつけの顔立ちで、見事にはまっていました.この春に観に行った「ランメルモールのルチア」ではエンリーコというヒロインのを政争の道具として扱う兄役が今も目に焼き付いていますが、ややアウトロー的な雰囲気が漂っています.また、 ドンナ・エルヴィーラを演じたバルバラ・フリットリは、これまであまり聴く機会がなかったのですが、評判通り.ソプラノらしい透き通った声で、身ごなしも楚々として、現代のイタリアを代表するといわれるだけのことはあります.

ところで、このMETの企画は毎年秋から始まり翌年の春まで.昨年までは時期を合わせるようにNHKが過去のライヴビューイングの録画を放送していました.まるで提灯持ちですが、今年はありません.どうやらWOWOWにとられたようで、10月から月に2,3回のペースで、WOWOWライヴで過去の録画を放送しています.実は、これを観るために10月からWOWOWを契約しました(^^)
その代わりなのでしょうか、NHKは年末にミラノ・スカラ座の今シーズンのオープニングを上演録画を放送します.12月25日深夜からで、今回のMETと同じ《ドン・ジョヴァンニ》.もちろん演出も出演者も異なっていますが、違いを比較してみるには絶好の機会.その後、31日かけて過去の録画を放送する予定のようです.