名フィル定期(第429回)

少し時間がたってしまい、やや印象がぼけてしまいましたが、今月の名フィル定期(11月6、7日)を紹介します。
今月のテーマは「ブラームスの新陳代謝」、プログラムは
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
ブラームス(ベリオ編曲):クラリネット・ソナタ第1番
ニールセン:交響曲第5番
クラリネット独奏:ダニエル・オッテンザマー
指揮:キンボー・イシイ
でした。

先月に続いてのブラームス、月をまたいでいますがタイプの異なる曲を聴けて堪能できました。

ブラームスはバッハ、ベートーヴェンと並んで「ドイツ3大B」と称され、クラッシック音楽の中心地であるドイツを代表する作曲家です。ただ、クラシック音楽にあまりなじみのない方には他の2人と比べるとピンとこないかもしれません。「ハンガリー舞曲」などは聴けば誰でも分かると思います。また、交響曲第3番第3楽章は映画「さようならをもう一度」(イングリッド・バーグマン主演)で使われて有名になり、BGMなどでもよくかかっています。





さて、今回の2曲目は元々はクラリネットとピアノのための曲のピアノパートをオーケストラ用に編曲して、協奏曲に仕立てたものです。原曲に比べると、当たり前ですが、より雄大で音に厚みがあります。室内楽と管弦楽の違いがはっきりと分かります。同じ曲でありながら、いろんな側面を楽しめるのもクラシック音楽の醍醐味です。

独奏者のダニエル・オッテンザマーはウィーン・フィルの首席クラリネット奏者。昨シーズンには彼の弟であるアンドレアス・オッテンザマーが共演しています(ウィーバーのクラリネット協奏曲第1番)。弟のほうはベルリン・フィルの首席クラリネット奏者。恐ろしい兄弟です。実は彼らのお父さんもウィーン・フィルの首席クラリネット奏者で、数年前に共演しています(ウィーバーのクラリネット協奏曲第2番)。世界屈指のクラリネット奏者、音色、表現力ともにすばらしく「聴き惚れる」という言葉以外に見つかりません。特に高音を弱音で長く伸ばしている音は、天から光が降ってきているかのようでした。

ニールセンはデンマークの作曲家、フィンランドの作曲シベリウスと同年生まれで、今年が生誕150年です。メモリアルとして取り上げられたのでしょう。決して有名な作曲家ではありませんが、北欧を代表する交響曲作曲家です。名フィルの定期ではすでに4番(2011年第383回)、3番(2014年第409回)を聴いていますが、取り上げられる頻度は非常に高いといっていいでしょう。非常に充実した演奏でした。CDで聴いている限り、口ずさめるメロディーもそれほどなく、なかなか取っつきにくい曲です。しかし、生演奏の力でしょうか、音の中心に引き込まれているように、いつの間にか音楽に入り込んでいました。

指揮者のキンボー・イシイは名前の通り日系で、子どもの頃は日本で育ったそうです。たぶん日本語も話せて、オケとのコミュニケーションもスムーズだったのでしょう。特にニールセンの演奏では、オケの音をよく引き出しながら、存分にタクトを振るっていたように感じました。他の作曲家、モーツァルトやベートーヴェン、あるいはチャイコフスキーやラヴェルなどでどんな音作りをするのか聴いてみたいものです。

12
月はホルストの『惑星』。平原綾香の『ジュピター』の原曲です。