6月生まれの作曲家6:オッフェンバックとアンダーソン

 6月生まれの有名作曲家が多く、あと2人を簡単に紹介します。
 ジャック・オッフェンバックとルロイ・アンダーソンです。
 オッフェンバックは1819年6月20日生まれで、1880年に亡くなっているので、5月生まれで紹介した1813年生まれのワーグナーと同世代です。 ジャック・オッフェンバック(Jacques Offenbach)はペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)といい、生まれはドイツのフランクフルト近郊です。フランス・パリを舞台に活躍したオッフェンバックの代表作は喜歌劇『天国と地獄』でしょう。序曲の最後に奏でられる「カンカン」は非常に有名で、日本では誰もが知る運動会の定番です。

 この喜歌劇はフランス語の現代をそのまま訳すと「地獄のオルフェ」で、ギリシャ神話のオルフェウスとエウリディーチェの話に着想を得た喜劇です。喜歌劇は、今でいうミュージカルのようなもので、歌劇とは違って音楽、歌唱だけではなく、セリフが入ります。ストーリーには悲劇的な要素はなく、ハッピーエンドです。オッフェンバックは喜歌劇を創始したと言っても良いでしょう。

 オッフェンバックは歌劇も作っており、「ホフマンの舟歌」で有名な『ホフマン物語』は現在も度々上演されています。

 もう1人のルロイ・アンダーソン(Leroy Anderson)は1819年6月29日、アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。北欧系のようですが、「アメリカ軽音楽の巨匠」とも表さることもあるようで、オーケストラのための交響曲などではなく、親しみやすくときに諧謔にとむ作品をつくっています。「シンコペイテッド・クロック」や「タイプライター」などはどこかで聴いたことがあるメロディーだと思います。また、これまた運動会の定番である「トランペット吹きの休日」もうアンダーソンの作品です。