市民会館シリーズ:R.シュトラウス&モーツァルト

土曜日(7/18)は
名フィルの市民会館シリーズ〈マーティン・ブラビッシモ!Ⅱ〉で、プログラムは
R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』
モーツァルト:クラリネット協奏曲
モーツァルト:セレナード第13番ト長調『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』
R.シュトラウスと:楽劇『ばらの騎士』(演奏会用組曲)
クラリネット独奏:橋本杏奈
指揮:マーティン・ブラビンス

残念ながらソリスト・アンコールはありませんでしたが、最後に
ヨハン・シュトラウス:トリッチ・トラッチ・ポルカ
が演奏され、ウィーンの空気を感じる楽しいコンサートでした。

リヒャルト・シュトラウス(R.シュトラウス、1864ー1949)はミュンヘン生まれ、音楽史的には後期ロマン派に分類されるドイツの作曲家。ウィーン生まれでワルツ王と呼ばれるヨハン・シュトラウスとは全く血縁関係はありません。R.シュトラウスはモーツァルトを非常に敬愛していたようで、プログラムの最後に演奏された『ばらの騎士』はモーツァルトの有名な歌劇『フィガロの結婚』と設定が非常によく似ており、オマージュとして作曲したといわれています。また、第1曲目のタイトルになっている「ドン・ファン」とはヨーロッパに古くからある伝説の登場人物。理想の女性を追い求めてさまようというストーリーです。モーツァルトも同様の話を基にして歌劇『ドン・ジョヴァンニ』を作っています。したがって、今回のプログラムのテーマは結局は『モーツァルト』ということになるのでしょうか。

R.シュトラウスの音楽の特徴は大編成のオーケストラによって音色と音量の幅、そしてハーモニーによって感情と情景を表現するところにあると思います。音色や音量の幅が大きく、音楽の造りも複雑です。指揮者の腕の見せ所でもあり、オケの能力も試されます。一度生で聴くと分かるのですが、いかにも『オーケストラを聴いている』と実感できる音楽です。名フィルの定期では毎年1曲は取り上げられていますので、是非生で聴いてみて下さい。

さて、今回の注目は第2曲目のクラリネット協奏曲。吹奏楽でクラリネットをやっていたかのもいらっしゃるのではないでしょうか。クラリネットを独奏楽器とするオーケストラ曲の中で最も有名なものです。メロディーも耳に入りやすく、誰が聴いても楽しめる名曲中の名曲です。今回のソリスト・橋本は2年前の定期演奏会でも共演(感想はここ)。そのときななじみのない曲でピンとこないところもあったのですが、今回はどこを聴いてもすぐにそれと分かる曲。期待に違わぬすばらしい演奏でした。この曲は「クラリネット協奏曲」と題されていますが、元々は「バセット・ホルン」というクラリネットの原型になったような楽器のために作曲されたもの。その後、バセット・ホルンがほとんど演奏されなくなり、現在のクラリネット用に手を加えられたようです。しかし、最近ではバセット・ホルンを用いて演奏できるように再度手を加えた楽譜もあるようで、今回、橋本はバセットホルンを用いて演奏しました。

バセット・ホルンはCDなどでは聴いたことがあるのですが、生は初めて。クラリネットよりも長いため、より低い音が出ます。音色はクラリネットほど明るくないのですが、柔らかくて深みがあります。高音、中音、低音で全く音色が異なり、橋本の演奏はこの音色の違いをうまく使って、表現に幅がありました。弱音でも音の勢いがあり、若々しく華やかなモーツァルトでした。

最後に演奏された組曲は、「ばらの騎士」というオペラの曲を抜粋して、作曲者自身が演奏会用に編集し直したもの。原曲は3幕もので実演奏時間3時間近い大曲。18世紀中葉のウィーンの貴族たちの館を舞台にした悲喜こもごもの物語。私が最も好きなオペラです。今回演奏された組曲は3年前に定期演奏会でも取り上げられました。抜粋版ですが、舞台の情景を彷彿とさせる構成。演奏も管楽器、特にホルンがしっかりと鳴り、どこを聴いてもわくわくさせてくれるものでした。

モーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』(
ここここ)とR.シュトラウスの楽劇『ばらの騎士』(ここ)はともにMETライブビューイングでも上映されており、感想を書きましたので、興味のある方は是非。