映画『カルテット』のリゴレット

以前紹介した『カルテット』という映画のエンディングで使われていた
ヴェルディ:リゴレットのCDを入手。早速聴いてみました(^-^)/

映画を観た時に感じたように、ソプラノは高音でありながらも柔らかく丸みがあり、テノールは明るく澄んだ声質。何度聴いても決して飽きることがないような素晴らしい演奏でした

DECCA
レーベル(輸入盤)で、Verdi: Rigoletto -- Highlightsと題されています。つまり全曲入っているわけではありません。
演奏は
マントヴァ公爵(テノール):ルチアーノ・パヴァロッティ
ジルダ(リゴレットの娘)(ソプラノ):ジェーン・サザランド
リゴレット(公爵づきの道化)(バリトン):シェリル・ミルンズ
マッダレーナ(殺し屋の妹)(メゾソプラノ):Huguette Tourangeau(フランス人らしいのですが、読めません(~_~
ロンドン交響楽団、指揮:リチャード・ボニング
CDのトラック14 "Bella figlia dell'amore(美しい恋の乙女よ)"です.
Webサイトはここです.

1971年、パヴァロッティが36歳、サザランドが45歳の時の録音です。お二人とも既に亡くなっていますが、年齢的にはともに絶頂期と言っていい時期ですね。指揮者のボニングとサザランドはご夫婦。当時あまり顧みられなかった19世紀初め頃のイタリア・ベルカント・オペラに光を当てた功績者です。パヴァロッティはそうした中で見出された逸材、20世紀後半を代表するテノール歌手です。