名フィル定期(第370回)

先週末は名フィルの定期演奏会でした.

名フィルの定期演奏会は月1回ですが、同じプログラムで2日(金曜日と土曜日)続けて行われます.私は土曜日の定期会員ですが、金曜日に比べるとやや早めの時刻、午後4時開演ですので、この季節はまだ日のあるうちに演奏会が終わります.

さて、今回のテーマは「マドリード」、スペインにちなむ音楽が並び、指揮者は川瀬賢太郎(なんと26歳!!、かなりの注目株のようです).
プログラムは
マーラー:花の章
ボッケリーニ/ベリオ:『マドリードの夜の帰営ラッパ』の4つのオリジナル版
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ギターソロ:福田進一)
ファリャ:バレエ『三角帽子』全曲(メゾ・ソプラノ:藤井美雪)
でした.

冒頭のマーラーだけがマドリードとは特に関係のない曲です.多分指揮者の意図による選曲、今年がマーラーの生誕150年、名フィルの定期でも今年はいくつか交響曲が取り上げられるので、あやかっているのかもしれません.
もともと交響曲第1番の一部として創られたそうですが、現在では単独でたまに取り上げられる程度でしょう.メジャーではないのですが、後期のマーラーのような暗さというか陰鬱さがあまりなく、梅雨時に汗をかきながら会場に足を運んだ聴衆に準備された一服の清涼剤のようでした.

2曲目は、ボッケリーニというちょうどベートーヴェンと同じ時代に活躍した作曲家の室内楽曲を基に現代の作曲家が編曲したもの.ボッケリーニはイタリア人ですが、最後はマドリードに定住したそうです.初めて聴きましたが、題名に「夜の帰営」とあるように、華々しい起床ラッパではなく、落ち着いた雰囲気の曲.プログラムの楽曲解説にはややこしい説明がついていたのですが、BGMとしても聴けるような、なじみやすいメロディカルな曲です.次のアランフェスへの心の準備をさせてくれるに十分でした.
実は、5月のNHK交響楽団の定期演奏会のプログラムとしても取り上げられています(翌日に放送された「N響アワー」で紹介されました).偶然ですが、こういうことは結構あります.昨年のショスタコーヴィチの「祝典序曲」も直前?のN響で取り上げられていました.

この日のお目当ては3曲目.有名な曲ですが、生で聴く機会があるとは思ってもみなかったので、感激でした.
特に第2楽章はBGM的によく使われますので、どこかで耳にしているのではないでしょうか.ロドリーゴは1901年生まれで1999年になくなりました.文字通り現代音楽の作曲家ですが、のもがなしい様なメロディーは口ずさむこともできるので、すっーと耳に入ってきます.スペインを連想させてしまう独特の雰囲気と合わせて、何度聞いても飽きない名曲です.

協奏曲は、独奏楽器、この曲の場合はギターとオーケストラが対等の立場で音を紡ぎ合っていきます.ギターはやや音量に乏しい楽器なのでマイク(?)を使っていましたが、決して音楽を妨げるものではなく、うまくオケと渡り合ってくれました.

協奏曲の後はソリストのアンコールが楽しみなのですが、今回は「アルハンブラの想い出」(タレガ作曲).ギターの名曲中の名曲.もちろんスペインがらみ.

メインのファリャは19世紀後半から20世紀に活躍をしたスペインの作曲家.この「三角帽子」や「恋は魔術師」などが有名で、音の色彩感に富む、今にもスペインらしい曲を作っています.
吹奏楽用の編曲もあるので聴いたことのある方もいるかもしれません.

来月はサン・サーンスの交響曲第3番、パイプオルガン付の大曲です.