鳥取城

 現在の鳥取城には櫓などの木造の建物は全く残されていませんが、石垣や堀が修復されています。また、かつての本丸などは久松山という小高い山の山中にあり、登山道も整備されています。全体を回るには半日かかるほどの規模、炎天下に登山する勇気もなく、今回は麓の二の丸、三の丸を回って、珍しい球状の石垣(下の写真の中心)を見てきました。

IMG_2102

IMG_2097

 鳥取市、鳥取城は戦国時代には毛利家の拠点の一つで、織田家の中国方面総大将であった羽柴秀吉の軍勢によって攻め落とされています。秀吉得意の兵糧攻めで、戦後の城内はあまりにも凄惨な状態であったことから、鳥取の『渇え殺し』と呼ばれました。当時の秀吉の本陣跡は「太閤が平(たいこうがなる)」として、残されています。

 江戸時代に池田家が治めた鳥取は因幡、伯耆の2カ国32万石の城下町として栄えました。鳥取城の石垣の上からは市内が一望でき、城の立地の良さがよく分かります。廃藩置県後、役所や旧制中学校などの中心的な施設が鳥取城の周辺に建設されたようで、現在も県庁や市役所、高校がすぐ近くにあります。

出石城

 今回最初に訪れたのは兵庫県豊岡市にある出石城です。豊岡は日本海側、今は鞄の生産やコウノトリで有名な兵庫県北部の中心都市です。出石は内陸で、周囲は小高い山に囲まれた盆地。出石城は百名城ではありませんが、丹波の小京都と称される街並みと名物のそばを目当てに途中下車です。

 出石城は町の南方の山の麓にあり、堀を兼ねた川と石垣、復元された櫓が残るだけですが、城下町は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。碁盤の目状に整備され、小規模ですが、かつての面影を偲ばせる街並みです。

IMG_2036

 一角にかつての武家屋敷跡や太鼓櫓が残っています。かつての大手門脇に当たり、城下に時刻をしらせるために太鼓を叩いた櫓で、明治に入り時計が設けられたとか。辰鼓楼(しんころう)と名付けられた時計台は石垣の上に立ち、見応え十分です。

IMG_2034

 出石名物のそばは江戸中期に信州・上田より入った仙石氏が持ち込んだとのこと。小さな町にもかかわらず50軒を越えるそば屋がしのぎを削っています。ょっと珍しい食べ方でしたか、なかなかの美味。その後、のんびりとドライブし、夜は城崎温泉にわらじを脱ぎました。温泉情緒たっぷりのすばらしい街並みのなかで、夜の花火大会を堪能できました。

IMG_2051

松江城

 夏休みに出石城、鳥取城、月山富田城、松江城、備中松山城、姫路城を廻ってきました。順不同で、簡単に紹介します。

 松江城は。関ヶ原の合戦で東軍につき、出雲、隠岐24万石を与えられた堀尾氏が慶長12年(1607年)に築城を始め、天守は慶長15年(1610年)に完成した西国の名城です。その後、城主(藩主)は京極氏、松平氏と変わり幕末。山陰地方で唯一天守が現存し、昨年国宝に指定されました。
 城域はかなり広く保存され、内堀から石垣が立ち上がり、本丸を囲む櫓や土塀も一部が再建されていて、往時を偲ぶことができます。天守は石垣の上に5層に重なり、石垣の内部から数えて6階建て。右手前に突き出た附櫓の石垣部分に見える切れ目から入ります。それほど大きくは感じませんでしたが、落ち着きのあるたたずまい。関ヶ原合戦の直後につくられたこともあり、戦闘を意識して狭間や石落などが設けられています。
IMG_2191

 天守内部は展示施設としても利用されています。階段は1ヶ所のみ。太く長い柱を中心に立てるのではなく、短い柱を2階分ずつ立てて全体の荷重を支えているそうです。したがって、各回とも面積の割に柱が多いのが特徴。
IMG_2165

 内堀は本丸全体を取り囲み、小船で一周することができます。この日はお天気もよく、船頭さんの名調子(お世辞抜きです)を聴きながらのんびりと観光できました。
IMG_2231

名フィル《コバケン・スペシャル》 ヴェルディ:レクイエム

 暑いさなかにはあまりオーケストラのコンサートもありません。名フィルの定期演奏会も8月はなし。埋め合わせというわけではありませんが、8月11日に名フィルの
『コバケン・スペシャル2016』で
ヴェルディ作曲『レクイエム(Messa da Requiem)』
を聴いてきました。
指揮:小林研一郎(名フィル桂冠指揮者)
ソプラノ:安藤赴美子
メゾ・ソプラノ:清水華澄
テノール:西村悟
バス:妻屋秀和
合唱:岡崎混声合唱団、岡崎高校コーラス部

 「レクイエム」は「死者のためのミサ曲」とされることが多いのですが、元来はキリスト教カトリックにおける典礼音楽で、死者の安息を願って行われるミサ(カトリックにおける最も重要な典礼儀式)の音楽です。歌詞はラテン語の典礼文として決められています。ただ、19世紀半ば以降、宗教的な意味を離れて死、または死者を悼むために「レクイエム」の名を冠して、様々な詩を利用して作曲されることが多くなっています。

 カトリックの典礼音楽としての「レクイエム」は冒頭で
Requiem aeternam dona eis, Domine: et lux perpetua luneta eis.
主よ、彼らに永遠の安息を与え、彼らを絶えざる光もて照らし給え」(井上太郎著「レクイエムの歴史」より)
と歌われるため、最初の語をとって『Requiem』と題されます。

 多くの作曲家が作曲していますが、「3大レクイエム」として特によく知られているのがモーツァルト、ヴェルディ、フォーレの3人の作品。中でも、モーツァルトとヴェルディの演奏頻度が高く、それぞれ「モツレク」、「ヴェルレク」と略して呼ばれ、国内でもいろんな機会に演奏されています。

 今回は独唱者の質が高く、また合唱もかなり練習を積んでいるようで、よくまとまっていました。オケは長年にわたって親密な関係を築いてきている指揮者との共演ということもあり非常に充実した演奏でした。全体で約1時間半に及ぶ大曲ですが、長いと感ずる前に終わってしまいました。

 ヴェルレクの中で最も有名なメロディーは、第2曲「怒りの日:Dies irae」の冒頭でしょう。CMなどのBGMでも使われていて、必ずどこかで耳にしているはずです。打楽器を含めたオケ、合唱がともにフォルティッシモで奏し、ホール全体がなっているかのような大音量で迫力満点。

 ソリストのうち、ソプラノの安藤は3年前に歌劇「蝶々夫人」で聴きました。ホール全体によく通る
美しい声質。当日はやや体調不良とのことで、後半で少し声が裏返ったり、レティタティーボの歯切れが悪くなったりしていました。他の3人のうち、清水と西村はどこかで聴いたような気がするのですが、自分の記録にないため分かりません。いずれもすばらしい演奏で、特に西村はテノールらしく透き通ったよく通る声質。まだ若さを感じますが、これからが楽しみです。妻屋は現在国内最高のバス歌手、太く下から響いてくる声に圧倒されました。

 指揮者の小林についてはこれまでにも何度か紹介しているので今回は省きます。もう70を越えているはずですが、30年前と変わらない指揮ぶりです。ここの楽器を際立たせる手腕もさすがです。数年前にコバケン・名フィルの『モツレク』を聴いていますが、オケの充実ぶりもあり、今回のほうがすばらしかったと思います。