名フィル定期(第432回):チェコの音楽

今月の名フィル定期は先週末(2月20,21日)。先月の定期が名演だったので、今月はやや見劣りして聞こえてしまうのではないかと心配して出かけました。プログラムされている曲のタイプが全く異なるため比較はできませんが、今回も十分に聞き応えのある演奏会でした。

プログラムは「物語の再編」と題して
ヤナーチェク作曲(マッケラス編):歌劇《利口な女狐の物語》組曲
マルティヌー作曲:オーボエ協奏曲
ドヴォルザーク作曲:交響曲第8番ト長調
オーボエ独奏:ラモン・オルテガ・ケロ
指揮:ロリ—・マクドナルド

タイトルとマッチするのは第1曲目。タイトルにとらわれるより、今回はすべてチェコ出身の作曲家による作品として楽しみました。また、指揮者のマクドナルドは定期では今回が3回目、名フィルともだいぶなじみが出てきて、毎回異なったタイプの曲を取り上げて非常にしっかりとまとめ上げた演奏を聴かせてくれます。過去2回は2014年4月(第390回)と2014年3月(第411回)です。

ヤナーチェクは19世紀から20世紀初めに活躍した作曲家で、今回取り上げられたオペラ《利口な女狐の物語》の他、村上春樹の小説で有名になった「シンフォニエッタ」などが知られています。このオペラは題名の通り動物が主役、もちろんヒトが扮するのですが、狐の他、イヌや鶏なども登場し、ヒトとの駆け引きを繰り広げるストーリー。演出によっては子ども向けのようにも見えますが、かなり社会性の高い作品です。オペラとしての上演頻度はそれほど高くありませんが、今回演奏された管弦楽だけによる組曲版はわりととりあげられるようです。

オペラ全体のエッセンスをうまくまとめていて、ストーリーを知らなくても何となく情景が浮かんでくるような曲です。

第2曲目の作曲者マルティヌーは20世紀の作曲家、時代に翻弄され、チェコからフランス、スイスと渡り歩き、第2次大戦中はナチスににらまれていたそうで、最後はアメリカへわたり生涯を終えています。非常にたくさんの曲を作っていて、今回演奏されたような協奏曲も30曲ほど作っているそうです。

今回演奏したケロは1988年スペイン生まれ、現在はミュンヘンのオーケストラで活躍する若手のホープです。すでにCDも何枚か出しており、将来が楽しみです。オーボエという楽器は管楽器の中で最も古くからオーケストラに加えられた楽器で、ダブルリード故にか、演奏者による音色の違いがかなりはっきりする楽器でもあります。ケロのオーボエは、かわいらしいというか、愛らしいというか、親しみやすい音色です。時として弱々しく感じることもありましたが、決して音が小さいとか響きが弱いということではなく、遠くまでよく通り、目の前で演奏してくれているかのよう。オケは非常に小さな編成で、オーボエを周りから支えるようにもり立てていました。この曲ではピアノも使われていて、オケの中央でよく活躍します。オケの曲としては非常に珍しい編成です。

恒例のソリスト・アンコールはバッハの無伴奏チェロ組曲の中の1曲をオーボエソロで。ケロはバッハの曲を入れたCDも出しており、かなりお好きのようですね。

さて、休憩後のメインは『ドヴォ8』。年末にフィレンツェのクリスマス・コンサートで聴いた曲です。チェコの大地と自然を感じさせる名曲ですが、次から次へとメロディーが流れるように続き、楽器の組み合わせも変わり、ドヴォルザークらしさを感じます。

指揮者とオケの雰囲気が変わり、指揮者のタクトに対するオケの反応が非常に敏感で、前半の2曲と比べると濃密に練習を重ねたことをうかがわせます。

この曲は第1楽章の雰囲気が気に入っていますが、広大な大地を表すような弦楽器の響き、森の静けさや鳥の鳴き声をうかがわせる木管楽器群、そしてトロンボーンのコラール。チェコの田舎の風景を想像させる見事な表現でした。第4楽章では金管楽器群が大活躍しますが、決して大きな音でうなるわけではなく、ホール全体を響かせるような広がりを感じました。

来月(3月11,12日)は今シーズンの締めくくり、常任指揮者ブラビンス得意のラフマニノフ。ソリストもブラビンスお気に入りの上原彩子(岐阜県出身で、1990年のチャイコフスキー・コンクールの覇者です)。常任指揮者としてのブラビンスの任期も今季限り、ラスト・コンサートです。興味のある方は是非聴きに行かれては? 名演間違いなしです。

バレンタイン・コンサート

 2016/02/14はバレンタインデー、1週間早く2月7日に伏見のしらかわホールでの
「ウィーン&ベルリン・フィル首席親子のバレンタインコンサート」
を聴きに行きました。コンサートの題名の通り、世界トップのオーケストラであるウィーン・フィルハーモニーとベルリン・フィルハーモニーの首席クラリネット奏者を務めるオッテンザマー親子によるコンサート。


 エルンスト・オッテンザマー(Ernst Ottensamer、お父さんです、ウィーン・フィル首席クラリネット奏者)、ダニエル・オッテンザマー(Daniel Ottensamer、長男、ウィーン・フィル首席クラリネット奏者)、アンドレアス・オッテンザマー(Andreas Ottensamer、次男、ベルリン・フィル首席クラリネット奏者)の3人でクラリネット・トリオとして2005年にThe Clarinetts(ザ・クラリネッツ)というグループをつくり活動しています。とてつもない親子ですね。

この日のピアノ伴奏は菊池洋子、注目の若手ピアニストです。

 この日のプログラムは
モーツァルト作曲のオペラのアリアをクラリネット三重奏に編曲したもので
歌劇「皇帝ティートの慈悲」より”私は行くが、君は平和に”
歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」より”風は穏やかに”
歌劇「後宮からの逃走」より”どんな責め苦があろうとも”

 ヴェルディ作曲のオペラの名旋律をアレンジしたもの
ロヴェレーリョ:歌劇「椿姫」のモチーフによる幻想曲
フランツ&カール・ドップラー:歌劇「リゴレット」のモチーフによる幻想曲(ピアノ伴奏付のクラリネット三重奏曲)
(吹奏楽でフルートをやっていた人はいませんか? フランツ・ドップラーは「ハンガリアン田園幻想曲」の作曲者です。)

 ロッシーニ作曲の歌曲をアレンジした
「音楽の夜会」から「踊り」

 休憩を挟んだ後半は映画音楽やミュージカル音楽をアレンジしたメドレーで
レーヘル:マンハッタン・スウィート、ウッディ・クラリネッツ
チブルカ:ブロードウェイ・インプレッションズ
ボンファ:オルフェの唄
コロニー:テイク・ファイブ

 そして、アンコールは
コレニー:ザ・ピンキークラリネッツ
ドビュッシー:「小組曲」より“小舟にて”
ベシェ:小さな花

 どの演奏も高い技術と音楽性に裏打ちされたすばらしいものでした。特に、ピアニッシモでの響きがすばらしい。弱い息を吹き続けて音量や音程を維持するのは非常に難しいのですが、難なくやってのけて、最後は音がまさに消えるように。また、家族だからというわけでもないでしょうが、息が合っているとはこういうことを言うのかと、感じました。幼い頃から家族でこんな風に遊んでいたのでしょうね。

 クラリネットのコンサートですが、アンコール二曲目はダニエルとアンドレアス兄弟によるピアノ連弾、さすがに見事な演奏。2人とも小さい頃から習っていたのでしょうが、玄人はだしとはまさに彼らのようなことをいうのでしょう。また、コンサート終了後はサイン会。長蛇の列でしたが、時折見せる笑顔が印象的でした。
IMG_1535
 サイン会の様子です。左側手前からダニエル、アンドレアス、エルンスト、その奥のショールを掛けた女性がピアノの菊池洋子さんです。

イタリアでのコンサート

 昨年末に10日間ほどイタリアに旅行してきました。ミラノに入り、ボローニャ、フィレンツェ、ローマと巡り、4回のコンサートに行くことができました。今回の旅行のテーマは「ルネサンスの歴史と芸術を堪能する」ことだったのですが、やっぱり音楽ははずせません。本場のオペラを堪能するというわけにはいきませんでしたが、いずれも普段の音楽生活にはない貴重な体験でした。

12
月21日 ミラノ・スカラ座
IMG_0177
 残念ながらオペラのコンサートも聴けませんでした。同日夜にはヴェルディの《ジャンヌ・ダルク》が上演されたのですが、あまりにも高額チケットでやむなくあきらめました。今シーズンのオープニングと同じ演目です。オープニング公演をNHKが1月末に放送しましたので、それで我慢します。かわりに、隣接する「スカラ座博物館」に行ってきました。写真はスカラ座正面。外観は決して豪華ではありませんが、中は別世界です。


12
月24日:フィレンツェTeatro Verdi(ヴェルディ劇場)での「クリスマスコンサート」
Orchestra della Toscana
(トスカーナ管弦楽団)によるコンサートで、プログラムは
レスピーギ:ヨハン・セバスチャン・バッハの3つのコラール
デイヴィス:A spell for Green Corn(日本語題名がありません)
ドヴォルザーク:交響曲第8番
ヴァイオリン独奏:アンドレア・タッキ
指揮:ドナート・レンゼッティ
 イタリアオペラの巨人のであるヴェルディの名を冠しているこの劇場は日本では余り知られていませんが、フィレンツェでは規模の大きな劇場です。今回聴いたオーケストラはこのヴェルディ劇場を中心に活動しているようで、フィレンツェはトスカーナ州の州都ですから、地域を代表するオーケストラのようです。オケの規模はあまり大きくなかったのですが、コンサート冒頭にオケの代表の方のスピーチに対して客席から大きな拍手がありましたので、地域に密着した活動を続けているのでしょう。


 プログラムの中でクリスマスらしいのは第1曲目のバッハ。バッハの宗教曲のメロディーを生かして、イタリアの作曲家・レスピーギがオーケストラ用にまとめたものです。2曲目はヴァイオリン独奏を伴う曲で、作曲者は現役です。典型的な現代音楽で、やや聞きにくかったのですが、ヴァイオリニストはこのオーケストラのコンサートマスターを務めている方のようで、終わった後は大拍手でした。


IMG_0598
 ホールは「馬蹄形」と言われるヨーロッパに多くある形で、客席はご覧のように1階平場席(アリーナと言います)と後方とサイドの桟敷席(ボックス席とも言います)から成っています。ここでは後方2階席の最前列中央の席が取れました。ほぼ満席で、地元の方が大部分のようでしたが、我々のような観光客、日本人のグループもおられました。

ドヴォルザークと言えば「新世界から」ですが、ここで演奏された交響曲第8番は「新世界からの」ほどではないにせよ、ドヴォルザークらしさがよく現れた交響曲です。郷愁を感じさせるメロディが次から次へと現れ、チェコに行ったような気分にさせてくれます。フィレンツェのクリスマス・コンサートでなぜこの曲が選ばれたのか分かりませんが、演奏後は大きな拍手が送られていました。


12
月25日:フィレンツェSt Mark's English Churchでの歌劇「ラ・ボエーム」(抜粋)
 会場となったのはアルノ川南岸の小さな教会。後で知ったことですが、建物自体の歴史は1500年代にまで遡ることができるという由緒あるもので、メディチ家の宮殿の一部でもあったそうです。その後、マキャヴェッリの所有となり、美しいネオ・ルネサンス様式に改築されたとのこと。ルネサンス期のメディチ家やマキャベリと同じ空間を共有できたとは、もっとよく見ておけばよかった。

IMG_0749  IMG_0751
 開演前(左)の様子を見ると、ホールの規模がよく分かります。客席は100席に満たなかったと記憶してます。終演後(右)にはおきまりの出演者勢揃いでの挨拶。歌手が目の前です。

 「ラ・ボエーム」は主要な登場人物が男性4人、女性2人必要ですが、今回は最も中心になる男性2人と女性2人にしぼり、セットもほとんどない抜粋版、本来オーケストラが演奏する部分はピアノ、さらに、ストーリーの解説を付けて約1時間ちょっとに短縮して行われました。
 ストーリーは省きますが、天井が低く奥行き、横幅もあまりない小さな教会ため歌手の声が大きく響き、圧倒されました。特に男性歌手の迫力は、他ではきっと体験できないでしょう。

12
月27日:ローマ、ローマ歌劇場:バレエ「くるみ割り人形」
ローマの中心部にあるTeatro dell’Opera di Roma、首都を代表する劇場でクリスマスシーズンの定番、チャイコフスキーの傑作を、何と最前列のほぼ中央で観ました。実はバレエを生で見るのは初めて。いきなり海外で?とも思ったのですが、日程がちょうど合ったので思い切って予約しました。本当は後方の(安い)席のはずだったのですが、Webで申し込んでから1ヶ月近く何の連絡もなかったので催促してみたら、料金そのままで2グレードアップの(たぶん一番高い)席が回ってきました。お隣(最前列中央)は”I’m a chairman”とおっしゃっておられました。ローマ歌劇場のしくみは知りませんが、たぶん運営の責任者グループのメンバーの方でしょう。
バレエといえば他にも有名な劇場はたくさんあるのですが、世界のトップレベルのバレエダンサーによる演技と歌劇場附属のオーケストラによる演奏の感動は一言では言い表せません。テレビで観てもすばらしいと思いますが、自分の目の前であんなに動いているということが信じられませんでした。
IMG_0975
最前列中央から客席後ろを見たところです。パノラマ写真ですので形はややいびつですが、典型的な馬蹄形ホールです。写真の両端がサイドの桟敷席の最前列です。

12
月29日:ローマ、All Saints Church, Main Hallでの室内楽コンサート
ローマ市街の北東部にある教会。フィレンツェで行った教会に比べると大きなホールでしたが、作られたのは19世紀の後半。コンサート会場としてよく利用されているようです。有名なスペイン広場のすぐ近く、帰り道に見てきました(工事中でしたが)。
プログラムは、ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」(全曲)、演奏はConcerto Baroccoという小さなグループです。皆さんよくご存じの「春」をはじめとするイタリア・バロック音楽を代表する名曲です。編成はヴァイオリンソロ、ヴァイオリン2パート、ヴィオラ、通奏低音(一般的にはチェロとチェンバロ)で、ソロ以外の人数は決まっていませんが、今回は各パート一人ずつ、通奏低音もチェロ一人にチェンバロパートはチェンバロ音の電子オルガンでした。各パートの音が一つづつしかないため、弦楽四重奏にソロが入っているような演奏。ちょうどバロック時代やその後のサロンでのコンサートも同様なスタイルだったのでしょう。会場は席数も100席足らず、演奏者までの距離も近く、楽器の音を手ですくい取っているようで、時間があっという間に過ぎていきました。「四季」は全部で40分ほどの曲ですので、アンコールが2曲。いずれもヴィヴァルディの同編成の曲だと思いますが、題名は分かりません。
IMG_1326

 ところで、このヴィヴァルディの肖像画をご存じでしょうか。下の絵をどこかで見た覚えのある方も多いと思いますが、これはボローニャにある国際音楽資料博物館(Museo internazionale e biblioteca della musica di Bologna)にあります。
 ボローニャでは歌劇場でオペラを見るつもりだったのですが、公演自体がキャンセルされてしまいかなわず。代わりというわけではありませんが、博物館を見学してきました。写真撮影は自由にできたのでヴィヴァルディを記念に。
IMG_0372

名フィル:ハイドン・チクルス

今回は定期演奏会以外の名フィルのコンサートを紹介します。

オーケストラの活動の中心はあくまでも『定期演奏会=Subscription concerto(予約演奏会の意)」ですが、これら以外にもオケ主催の特別コンサートが多く企画されています。今回紹介するのは、名フィルが数年前から名古屋・伏見のしらかわホールでひらいている「ハイドン:ロンドン・セット・チクルス」です。

「チクルス」とは特定の作曲家の曲を連続して演奏する演奏会のこと、ハイドンは晩年にロンドン2回訪れて、そのために作曲した曲を集中的に演奏しています。今回はそんなハイドンのロンドン時代の曲の中から交響曲を中心に組み立てた連続演奏会の最終回です。プログラムは
いずれもハイドンの作曲で
 交響曲第98番 変ロ長調
 ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、ファゴットのための協奏交響曲 変ロ長調
 交響曲第104番 ニ長調
指揮と2曲目でのヴァイオリン独奏:ライナー・ホーネック
いずれも2曲目の独奏で、チェロ:鈴木秀美、オーボエ:山本直人(名フィル首席奏者)、ファゴット:ゲオルギ・シャシコフ(名フィル首席奏者)

今回指揮とヴァイオリン独奏を務めたライナー・ホーネックは名フィルの客演コンサートマスターとして年に数回来演していますが、あのウィーン・フィルの首席コンサートマスターです。ヴァイオリンの演奏は何ともあでやかな音色で、決して強く主張しているわけではないにもかかわらず、常に存在感があります。

ハイドンは「交響曲の父」とか「古典音楽の父」とか呼ばれていますが、1732年生まれでモーツァルト(1756-1791)よりも一世代上。「音楽の父」であるバッハ(1685-1750)ともオーバーラップしています。1809年になくなっていますので、モーツァルトよりも長く生き、ベートーベン(1770-1826)ともかなり重なります。事実、ハイドンはモーツァルトと親交があり、ベートーヴェンにとっては師匠に当たります。

ハイドンは交響曲というジャンルを確立して、後の世代に受け渡します。そして、それ以上にクラシック音楽の様々なジャンルや形式、例えば、弦楽四重奏や協奏曲、ソナタ、オーケストの編成を確立したところに偉大さがあります。この「形式」は19世紀の音楽家たちから、音楽を志すものであれば必ず身につけるべきものとして、つまり、音楽上の「古典」と考えられるようになります。これが、ハイドンを中心とした時代の音楽を「古典派」といい、クラシック音楽全体を「クラシック=古典」とよぶことにつながっています。ゆえに、「交響曲の父」であり、「古典音楽の父」です。

さて、今回演奏された3曲はいずれもハイドン晩年の傑作揃い。ただ、同じ交響曲でもこれまでに紹介したブルックナーやブラームスなどとは違い、すっきりと整った形ではあるものの、「こみあげてくるもの」は全く感じません。きちんと箱に収まっていて、決して何かを主張しているわけではないなという音楽です。古典派たる所以ですが、その分、いい演奏であれば安心して音楽に浸っていられます。

オーケストラの編成は普段の定期演奏会などに比べると小編成、1stヴァイオリンが10人(2曲目では8人)、以下、2ndヴァイオリン8人(同6人)、ヴィオラ6人(同4人)、チェロ5人(3人)、コントラバス3人(同2人)でした。ハイドンの時代はさらに半分くらいだったと思います。大音量で響かせるのではなく、ひとつひとつの音をきれいに鳴らして、メロディーのうつくしさや楽器同士の音の混じり合いを大切にした演奏でした。音の出始め、変わり目も全体がしっかりとそろっていて、楽器間の音のバランスも絶妙でした。ホーネックの指揮振りはやや??でしたが、練習はかなり厳しいそうです。世界トップのオーケストラで培ったものを伝えてくれているのでしょう。確かにこの数年の名フィルの技量、特に弦楽器の充実振りには目を見張るものがあります。

ホーネック以外の演奏者を簡単に紹介します。チェロの鈴木秀美さんは日本を代表するチェリストの1人、特に古楽器としてのチェロ演奏家としては国際的にも高い評価を得ています。名フィルには指揮者としてもたびたび共演しています(
第357回名フィル定期)し、室内楽アンサンブルを率いての演奏会も名古屋で頻繁に開かれています(古楽器のアンサンブル)。

オーボエとファゴットはいずれも名フィルの首席奏者が担当されました。いつも見ている顔なのですが、2人の音色の特徴を楽しむことができました。