METライブビューイング《蝶々夫人》

 今週の木曜日までですが、METライブビューイングの今シーズン第3作目、
  プッチーニ:歌劇《蝶々夫人》
が上映されました。
キャストは
   蝶々さん:ホイ・へー(ソプラノ)
   ピンカートン:ブルース・スレッジ(テノール)
   シャープレス:パウロ・ジョット(バリトン)
   スズキ:エリザベス・ドゥシュング(メゾソプラノ)
   指揮:ピエール・ジョルジョ・モランディ
   演出:アンソニー・ミンゲラ
でした。

 同じ演出で何度か観ていますが、いつ見てもわかりやすい、効果満点の舞台です。19世紀末(明治初頭)の長崎、おそらく長崎港を見下ろす丘の上の一軒家なのでしょうが、障子や襖を自由に動かすことによって家の内外をうまく表しています。ストーリーはご存じの方も多いでしょう。

 蝶々さんは15歳、おそらく没落士族の娘で、父親は何らかの理由で自死しています。家計を助けるために芸者としてはたらいていましたが、斡旋業者の紹介でアメリカ海軍の駐在員であるピンカートンの妾になります。蝶々さんはまっとうな結婚のつもりですが、ピンカートンに取ってはいわば“Japanease wife”です。ピンカートンがクリスチャンですから、蝶々さんもキリスト教に入信しますが、親族からは怒りを買います。

 アメリカの長崎領事であるシャープレスは、同じようなケースを何度も経験しているのでしょう。ピンカートンの軽はずみをたしなめます。おそらく半年ほどして、ピンカートンは戻ってくると約束して帰国。

 3年後、蝶々さんはピンカートンを待ち続けていますが、事情を知る周囲は別の「旦那」を紹介します。実は、ピンカートンとの間には男の子が生まれていますが、ピンカートンには知らせていません。

 ピンカートンはアメリカで正式の結婚をして、新婚旅行をかねて日本へやってきます。その旨をシャープレスに知らせ、蝶々さんの様子もうかがっています。事情を知らせに蝶々さんのもとを訪れたシャープレスは、蝶々さんとピンカートンとの間に子どもがいることを知り愕然とします。このことをピンカートンに知らせると、ピンカートンは子どもを引き取ろうとします。女手一つで育てるのは大変だろうという善意ではあるのですが、蝶々さんにとっては全てを奪われることになり、子どもを渡して自ら命を絶ちます。

 全3幕ですが、音楽も台本もよくできています。観る機会を重ねるごとに、良さが分かってきた気がします。第1幕は蝶々さんとピンカートンを中心にしているので、二重唱が大きな割合を占めています。しかし、登場人物の感情の変化に合わせて音楽はダイナミックに変化します。おそらく歌詞の意味が分からなくとも、どんな気持ちを表現しているのかが分かるでしょう。プッチーニの音楽はすばらしい。今回歌ったホイ・へーとスレッジはともに今回初めて聴く歌手ですが、声質も声量も十分。スレッジはピンカートンを初めて歌ったそうで、やや硬さあるというか、余裕がないというか、特に冒頭部分ではぎこちなさも感じました。しかし、第1幕後半の二重唱は息の合った歌唱でした。

 第2幕は蝶々さんの寂しさ、不安、葛藤を丹念に描いています。第1幕ほどに音楽の起伏もなく、蝶々さんやシャープレスのアリアがすばらしい。スズキは蝶々さんの女中ですが、かなりの歌唱を与えられています。有名な「ある晴れた日に」は第2幕冒頭で歌われます。最後にピンカートンの乗った船の入港を知って、部屋を花で飾って待ちながら第3幕へ。

 第3幕ではピンカートンが婦人を伴って蝶々さんを訪ね、シャープレスとともにスズキに事情を説明していると蝶々さんが現れます。婦人の姿を見て察した蝶々さんは、30分後に来るように伝え、子どもに別れを告げて自刃します。

 台本、オペラではリブレット(libretto)と言いますが、残念ながら見ていません。蝶々さんの子どもは歌唱はありませんが、かなりの演技を要求されます。多くの演出では5~6歳の男の子が演じますが、稚拙さは否めません。このMETの演出では本当に子どものかわりに、人行が使われています。日本が舞台ということもあってか、文楽をモデルとした3人の人形遣いによって操作される男の子は、逆にリアリティがあり存在感があります。演出意図は大成功と言ってよいでしょう。

 2月から3月にかけて、この後2作予定されています。21日からフィリップ・グラス作曲の《アクナーテン》、28日からはベルク作曲の《ヴォツェック》です。ともにかなりクセのある音楽とストーリーです。

チャリティ・コンサート:15歳の初協奏曲

 以前に名古屋銀行のチャリティ・コンサートを紹介しましたが、先週末(2月8日)には岡谷鋼機の主催するチャリティ・コンサートがありました。プログラムは
   ストラヴィンスキー:グリーティング・プレリュード
   サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 より 第3楽章
   モーツァルト:交響曲第35番ニ長調 《ハフナー》
   ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調
    ヴァイオリン独奏:兼子竜太朗
    ピアノ独奏:小山実稚恵
    指揮:広上淳一
    演奏:名古屋フィルハーモニー交響楽団
でした。

 岡谷鋼機のチャリティ・コンサートは一昨年の夏にも聴きに行きました。¥1,000とは思えないソリスト、指揮者を呼び、充実したプログラムです。江戸時代から続く会社のようで、今年が創立350周年だとか。元々何をやっていたのでしょうか。

 アニバーサリーにふさわしく、《ハッピー・バースデー》をアレンジした曲でオープニング。ストラヴィンスキーは20世紀を第ひょする作曲家ですが、ピエール・モントゥーという同じく20世紀を代表する指揮者の80歳の誕生日を記念して1955年に作曲されたそうです。1分足らずの曲ですが、ストラビンスキーらしい大編成で華やかな曲です。

 サン=サーンスを弾いたのは豊明市在住の弱冠15歳。オケをバックに協奏曲を演奏するのは今回が初めてとのこと。舞台上の振る舞いも初々しくほほえましくもありましたが、演奏は力強く、堂々としたものでした。テクニックはもちろんですが、表現力もしっかりとしていました。今後を予想することはできませんが、のびのびと育ってほしいものです。中学3年生ということですが、どこへ進学するのでしょう?

 モーツァルトの交響曲は番号がつけられた曲が41曲あり、後半の6曲が特に名曲とされています。今回はその最初のナンバー、350周年にかけた選曲のようです。やや硬めの音色でしたが、広上らしい、表情豊かな音楽で、弦楽器と管楽器のバランスもよく、十分に楽しめました。

 指揮者の広上は、かつては名フィルの副指揮者を務めており、オケとは旧知の間柄。現在は京都市交響楽団の常任指揮者で、コンサートは毎回チケット完売とか。売れっ子の指揮者です。

 後半、そしてこの日のメインはラフマニノフのピアノ協奏曲です。ピアノ独奏の小山は、これまでに何度も聴いているピアニストですが、現在日本を代表するピアニストです。名古屋でもたびたびリサイタルを開いています。彼女のラフマニノフ第3番を聴くのは、たぶん今回で2回目ですが、難曲中の難曲を堪能させてくれました。40分ほどの曲で、ピアニストにはほとんど休みがありません。それだけでも大変ですが、テクニックも音量も並大抵ではありません。ロシアの大地を感じさせる雄大な音楽を表現するのは、オケ共々たいへんでしょう。

NHK交響楽団演奏会

 1月26日に、名古屋・栄の愛知県芸術劇場コンサートホールで、NHK交響楽団(N響)の演奏会がありました。NHK交響楽団は名称の通り、NHKがスポンサーとなっているオーケストラで、名実ともに日本一のおけで、年に1回、この時期に名古屋でコンサートがあります。今回は、
   ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲
   リヒャルト・シュトラウス:四つの最後の歌
   リヒャルト・シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』
   ソプラノ独唱:クリスティーヌ・オポライス
   指揮:ファビオ・ルイージ
で、行われました。

 お目当ては2曲目のソロを歌うオポライスです。METライブビューイングで何度か聴いているので、これを逃す手はないと聴きに行きました。もちろん、いつもテレビでしか観られないN響を生で体験できる機会でもあり、ルイージが指揮をするというのも大きな理由です。

 プログラムは、音楽史的には19世紀から20世紀前半のドイツロマン派の始まりを告げるウェーバーと、締めくくりと言っていいリヒャルト・シュトラウスで、特にルイージが得意とする後期ロマン派のシュトラウスを中心に組まれています。

 四つの最後の歌はヘルマン・ヘッセなどの詩に曲をつけた4曲からなります。「最後の」と題されているのは、シュトラウスの文字通り最後の作品、死の1年前に作曲されているからです。シュトラウスの晩年は決して恵まれた環境ではなかったようです。しかし、決して明かるい曲ではありませんが、 じっくりと心に染み渡るようなメロディーです。

 音域的にはソプラノの曲ですが、求められるのは決して華やかな声質ではなく、しっとりとした艶のある声がいいようです。オポライスはハリはありながらも、やや陰のあるような声で全曲を歌いました。もちろん、音量を求められる部分もあり大きく聞こえてきますが、むしろ迫力に圧倒されました。

 後半の『英雄の生涯』はシュトラウス壮年期の傑作です。大編成のオーケストラによる英雄の一代記を描いています。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』がモデルらしいですが、全体が6つの部分からなり、それぞれにテーマが与えられています。順に、
英雄、英雄の敵、英雄の伴侶、英雄の戦い、英雄の業績、英雄の引退と死
です。それぞれに印象的なメロディーがあり、英雄自身や伴侶などを表すとともに、シュトラウス自身のそれまでの作品のモチーフが業績として描かれます。最後は、伴侶に看取られながら静かに最後を迎えて、曲を閉じます。

 約45分の曲ですが、弦楽器の響き、管楽器の音色とアンサンブルなど、どれをとっても素晴らしい演奏でした。正直言って、名フィルに比べると一日以上の長があると感じました。

 来月の名フィル定期でも同じく『英雄の生涯』が演奏されます。優劣をつけるものではありませんが、迫ってくるものの大きさには下がるような気がします。

名フィル定期(第474回)《畢生の傑作》

 名フィル1月定期は17、18日に《畢生の傑作》と題して
   シューマン:チェロ協奏曲イ短調
   ワーグナー:楽劇『ニーベルングの指輪》より[沼尻版]
   チェロ独奏:パブロ・フェランデス
   指揮:沼尻竜典
で行われました。
 また、今回は日本音楽財団が貸与しているストラディバリウス作の楽器を用いた演奏会として、1696年製の「ロード・アイレスフォード」と名付けられたチェロが用いられました。

 タイトルの「畢生」にふさわしいのは後半のワーグナーの作品でしょう。四つのオペラの連作で、実際に上演される場合にはもちろん4日間かかります。実際には同一歌手が複数の作品に出演しなければならないため、せいぜい一日置きに上演されるので一週間かかります。作曲者が35歳(1848年)の時に構想を練り始め、全曲が初演されたのが1876年という、まさに人生を賭けた大作です。のべ上演時間は15時間以上でしょうか。

 ワーグナーの主な作品は全てオペラであるため、オーケストラのコンサートでは一部の前奏曲などが取り上げられるだけです。以前に、この『ニーベルングの指輪』の一部を名フィル定期で演奏されたことがありますが、今回は歌手を入れず、その代わり4つのオペラを圧縮してまとめて聴くことができました。指揮者自らの編曲です。

 全体を50分ほどに縮小した演奏ですが、オケだけで聴いてみるとワーグナーの音楽の表現力のすばらしさを改めて実感します。長く複雑なストーリーのため、音楽を聴いて全ての場面がおもいうかぶわけでありませんが、十分に想像させてくれます。

 指揮者の沼尻は以前に名フィルの常任指揮者を務めており、13年ぶりの定期登場。大編成のオーケストラが迫力十分だっただけでなく、角笛を表すホルンのソロやをはじめ、管楽器のソロや弦楽器のアンサンブルもいつもとは違う緊張感がありました。

 前半に演奏されたシューマンのチェロ協奏曲は、チェロの協奏曲としては非常に有名な曲で、よく演奏されます。第396回でも取り上げられました。

 今回の独奏者のフェランデスは1991年、マドリード生まれ。テクニックはもちろんですが、まだ20代にもかかわらず、一音一おんがしっかりとした主張を持って居るような素晴らしい演奏でした。まだCDは出していないのか、サイン会はありませんでした。

 ソリストアンコールはなんと2曲。バッハの無伴奏チェロ組曲から1曲と、カタルーニャ民謡「鳥の歌」でした。「鳥の歌」は、スペインが産んだ名チェリスト、パブロ・カザルスが好んだ演奏した曲です。ソリストの名前も、カザルスからとられているそうです。