「展覧会の絵」の原曲:メジューエワ・ピアノリサイタル

6/26(金)に伏見の電気文化会館・コンサートホールでのピアノのリサイタルを聴きに行きました。

ピアニストのイリーナ・メジューエワはロシア生まれで、現在日本在住で活躍中。CDもたくさん出していて、国内のレコードアカデミー賞なども受賞していて、高く評価されています。(彼女の公式HPはここ

一流のピアニストのコンサートは年に1,2回聴きに行っていますが、毎回いろんな違いを感じます。演奏スタイルや音色の違いはもちろんですが、客層も時として大きく異なります。なんと、今回のコンサートでは男性のお客さんが非常に多く、場を間違えたかと思うくらいでした。

メジューエワのピアノの音はこれまでに聴いたことのないタイプでした。特に、前半にプログラムされたショパンの音は不思議な響きに満ちていました。音にしっかりとした芯があり、その周りをいろんな色でくるんだような音。艶があるというのはとは違い、つかもうとしても逃げてしまうようなところもあります。こうしたところが男性を虜にしているのでしょうか? 1音1音が大きな塊になっているため、全体にボリュームがあります。テンポが速く、音量も大きなところではかなりの迫力を感じました。

ポロネーズ、ノクターン、ワルツ、バラードと、ショパンのピアノ曲を代表する形式を1曲ずつ。ふだん自分で聴くときは、同じ形式の曲ばかりがまとまったCDをかけることが多いため、今回のようなプログラムで聴くとタイプの違いもよく分かり楽しめました。特に、日本語では「夜想曲」と訳されているノクターンは、音色と情感が見事に一致し、陶酔。また、「譚詩曲」と訳されるバラードは、ときに悲しげに、ときに激しく、ショパンの人生を象徴するかのような曲であり、演奏でした。

今回のコンサートの目的は、後半に演奏された「展覧会の絵」。曲名をご存じの方は多いと思いますが、多くの方が耳にされているのは後年にラヴェルがオーケストラ用に編曲したものだと思います。原曲はロシアの作曲家、ムソルグスキーが作曲したピアノ曲です。題名の通り、展覧会(友人の画家の遺作展)で展示された「絵」にインスパイアされて作曲した曲による組曲形式。全体で40分ほどの大曲です。他の組曲を異なるのは、ちょうど展覧会場を巡るかのように、「プロムナード」と題された短い曲が挟まれていること。有名なメロディーですから必ずどこかで聴いたことがあるでしょう。組曲を構成する曲の中にはシビアなテーマの音楽もあるため、ちょうどいい息抜き、耳休めです。曲の構成は以下の通り。

プロムナード
1.こびと
プロムナード
2.古城
プロムナード
3.テュイルリーの庭(遊びの後の子どもたちの口げんか)
4.ビドゥオ
プロムナード
5.卵の殻を付けた雛たちの踊り
6.サムエル・ゴールデンベルグとシュムイレ
プロムナード
7.リモージュの市場
8.カタコンベ(ローマ時代の墓)
死者と共に死者の言葉で
9.バーバ・ヤガー ー 鶏の足の上に立つ小屋
10
.キエフの勇士たちの門

プロムナードをのぞいて10曲ある中で、最も心に残ったのは5曲目「ビドゥオ」。日本語では「荷車」または「牛車」と訳されますが、農奴たちの過酷な作業を彷彿とさせる音楽です。もとになった絵画は残っていないようですが、ロシア人の多くはイリヤ・レーピンというロシアの画家が描いた『ヴォルガの船曳』という絵(Wikiの紹介の中で観ることができます)をイメージするそうです。また、「カタコンベ」はローマに残る古代キリスト教徒の地下墓地。テーマとなった絵も残っていますが、迫害された人たちの頭骨が積み重なった壁が描かれています。ぐいぐいと迫ってくるものを感じ、心拍が上がりました。そして、終曲「キエフの門」はフィナーレにふさわしく、華やかで迫力満点。技術的にはトリルや装飾音、グリッサンドのほか、ペダルを多用して「楽器の王様」ピアノの威力を最大限に生かした大曲です。


ムソルグスキーは1839年ペテルブルク近郊の生まれで、もともと地主階級の出身。しかし、支配者としての立場というよりは常にはたらく人たちに目を向けていたようです。そうした中で、ロシア革命に向けて国内ですすむ社会変革の動きにも共鳴し、自分たちの経済的基盤が危うくなるにもかかわらず農奴解放には積極的であったとか。『展覧会の絵』には「ビドゥオ」の他にも「サムエル・ゴールデンベルグとシュムイレ」のようにユダヤ人たちを描いた曲など、当時の社会的弱者への温かいまなざしを感じます。

現在もそうですが、ロシア(あるいは旧ソ連)では合唱が非常に盛んです。ロシア正教の教会内では楽器を使ってはいけないそうで、そのために合唱あるいは声楽が盛んになったそうです。こういう背景があるのか、5曲ある「プロムナード」にはロシアで盛んな合唱の響きを感じるとところが目立ちます。楽譜を見ると、特に強弱記号などは何も付いていおらず、演奏家の音楽性が問われるところです。今回のメジューエワの演奏は、「人が歌うとこうなるな」と思わせる見事な構成でした。合唱の国で育ったがゆえのセンスかもしれません。

実は、今回のコンサートを聴きにいったのは、7月にある名フィルの定期演奏会で
ムソルグスキー作曲/ラヴェル編曲 組曲『展覧会の絵』
が演奏されるため、原曲を生で聴いてみたかったからです。

ファゴットの名曲も取り上げられています

今回は2つのコンサートを紹介します。いずれも同じ演奏家が中心になっています。5月にプログラムが気に入って聴いたコンサートと、そのときに見たチラシで興味を持って行ったコンサートです。いずれも『ファゴット』という楽器の名曲がプログラミングされていました。

ファゴットと言ってもご存じない方が多いでしょう。学生時代にオーケストラでやっていたもので、思いレたっぷりです。
Wikiではこんな説明があります(ここ) 『のだめカンタービレ』のパリ編をご覧になった方は、『バッソン』という楽器が出てきたのを覚えていらっしゃるでしょうか? 厳密には違う楽器なのですが、オケでは同じ位置を占めています。

5月2日名古屋・栄の宗次ホールで
Ludwig Chamber Players(1stヴァイオリン:白井圭 他)というアンサンブルのコンサートで、プログラムは
ロッシーニ(タルクマン編曲):歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
モーツァルト:ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調 K.292
ニールセン:五重奏曲「かいなきセレナード」
シューベルト:八重奏曲 ヘ長調 D.803

そして6月13日中津川文化会館での『田中千香士音楽祭2015』特別公演で
レボリューションアンサンブル(指揮:白井圭)の演奏で、プログラムは
モーツァルト:ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調
ファゴット独奏:小山莉絵
ヴァイオリン独奏:白井圭
チェロ独奏:辻本玲

モーツァルトのファゴットとチェロのためのソナタはアマチュアでも十分に演奏できるため、私もかつてやったことがあります。なかなか聴く機会はありません。今回の演奏は『ファゴットとチェロ』ではなく、『ファゴットとコントラバス』によって演奏されましたが、原曲に比べると音色の対比からか、ファゴットがより強調されてきこえます。モーツァルトが若い頃、まだザルツブルグにいた時代に作曲された、素朴でかわいらしい曲です。
Youtubeでここにありますので、是非ご試聴を!

このコンサートのメインはシューベルトの八重奏曲。大好きな曲で、昨年の初めにはベルリン・フィルのメンバーによるアンサンブルを聴きに行きました(
感想はここ)。「ミニ・オーケストラ」のような編成で、今回のような小さなホールで聴くと、それぞれの楽器の音や奏者の息遣いまで感じられます。何度聴いても飽きません。

中津川でのコンサートは、例年は中津川の加子母にある『明治座』という古い芝居小屋で行われているそうです。今年は、耐震工事中とのことで、市役所横の大きなホールでの演奏会。指揮者が、ルートヴィヒ・チェンバー・プレイヤーズの中心である白井さん。しかし、目当てはファゴット協奏曲です。これも演奏される機会のほとんどない曲で、私も生で聴くのは今回で2回目。ファゴット独奏はドイツ生まれ・ドイツ育ちの日本人。若干24歳ですが、キャリアもなかなか。パワフルな反面、まだ若いかなと感じたところもありますが、マイナーな楽器をしょってこれからもがんばってほしいものです。同じ女性のファゴット奏者の映像がYoutubeにありましたの、
これまたご試聴ください(ここ)

メインはベートーヴェンの交響曲。9つあるベートーヴェンの交響曲の中では、おそらく最も演奏頻度が低いと思われます。直前に作曲された3番が交響曲の歴史を塗り替える大曲(通称「英雄」)。そして、このあとに作曲されるのが最も有名な第5番(通称『運命』)です。仮にベートーヴェンが『英雄』や『運命』を作曲しなくても、この4番だけで十分に名を残したことでしょう。音楽的には分かりやすい反面、いろんなものを詰め込んだ名曲です。これまでじっくり聞く機会がなかったのですが、予習のつもりでいろんなCDを聴いてみると、やはり「ベートーヴェンか」をうならざるを得ません。

名フィル定期(第434回):マーラー改訂のシューマン

5月の名フィル定期は22,23日、『マーラーの改訂』と題して、シューマン作曲、マーラー編曲による交響曲第3番をメインにして行われました。
プログラムは
メンデルスゾーン:序曲『静かな海と楽しい航海』
権代敦彦:子守歌ーメゾ・ソプラノ、ピアノ、児童合唱とオーケストラのための
シューマン/マーラー編曲:交響曲第3番変ホ長調『ライン』
指揮:川瀬賢太郎
メゾ・ソプラノ:藤井美雪
ピアノ:野田清隆
児童合唱:名古屋少年少女合唱団

『マーラー』の改訂となっていますが、今シーズンの統一テーマである『メタ』にあわせ、いずれの曲も引用やインスパイアーされた対象がはっきりした曲ばかり。

冒頭のメンデルスゾーンの序曲はゲーテの「静かな海(海上の凪)」と「楽しい航海(成功した航海」という2つの詩を素材として、描かれている情景を描いた音楽。ベートーヴェンも同名の詩をもとに混声合唱曲を作っているそうです。残念ながらゲーテの詩もベートーヴェンの合唱曲も知らないまま、コンサートをむかえました。

曲全体は大きく2つの部分に分けられ、前半は穏やかな気分で、後半はわくわくした気分で気楽に聴ける曲です。メンデルスゾーンが19歳の時の作曲で、みずみずしさも感じられる佳作です。名フィルも、若い指揮者(31歳)のタクトに応え、コンサートオープニングをさわやかに始めてくれました。

2曲目の作曲者・権代は1965年生まれ、私と同い年ですね。初めて聞いた作曲家で、カトリックの信仰に基づく音楽づくりが中心のようです。今回の曲は、予期せぬ事件によって幼い子どもを亡くした母親の手記の一節と旧約聖書の言葉をテキストに用いています。「歌」というよりも、音楽に乗せた「語り」と言った方がいいかもしれません。音楽的には現代音楽特有の複雑な音の羅列はなく、どちらかといえばハーモニーを味わえるもの。命の大切さを音楽を通して考えることができる一曲です。

ソロの藤井さんは広島在住。プログラムのプルフィールを見ると、被爆60周年を記念した歌曲の初演を担当するなど社会的な問題意識も高い方のようです。感情を抑えて、じっくりと語りかけるような叙唱が印象的でした。また、児童合唱の名古屋少年少女合唱団はヨーロッパの音楽祭などにも招待されている実力派。特に、群読のような部分が何度かあったのですが、一言一言がはっきりと聞こえ、よく練習されたすばらしいアンサンブルでした。

休憩後にシューマンの交響曲。第3番『ライン』は4曲あるシューマンの交響曲の中では最も有名でしょう。表題は作曲者本人の命名ではないそうですが、ライン河畔を散歩することが好きだったとのことで、「ライン川」をイメージしているかのような部分が随所に聴かれます。シューマンはピアノ曲や歌曲の評価が高く、「子どもの情景」などはよく知られています。ただ、オーケストラ曲についてはオーケストレーション(管弦楽法)に稚拙なところがあるといわれ、多くの指揮者や作曲家が手を加えています。スコアを見ながら聴いていると、同じ音型を多くの楽器でただ重ねているだけのようなところが随所にあり、音色的にもややおもしろみに欠けます。交響曲には珍しく5楽章構成で、3楽章、4楽章が何となく冗長で、CDで聴いていると途中で飽きてくることもあります。

今回演奏されたマーラー編曲版は、数あるアレンジの中でもっともよく演奏されているそうです。シューマンのオリジナルと聴き比べてみると、全体にすっきりしている一方で、音色のバリエーションが広がっているように聞こえます。生演奏の良さでしょうか、聴いていて途中で緊張が切れることもなく、シューマンの気づかなかった一面を教えてくれた気がします。

6月の定期は名フィル桂冠指揮者であるティエリ―・フィッシャーの指揮で、フランス音楽、有名な『ボレロ』を始めとしてラヴェルとドビュッシーです。