名フィル定期(第455回)トリノ/《悲愴》

 今月の名フィル定期は3月16日、17日に金山の名古屋市民会館大ホールで行われ、
《トリノⅡ/小泉和裕の『悲愴』》と題して、名フィル音楽監督小泉和裕の指揮で
ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』序曲
チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲
チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調『悲愴』
チェロ独奏:エンリコ・ディンド
でした。

 今回のテーマである「トリノ」の出身であるチェリストを迎えて、今シーズンの最後を小泉得意のチャイコフスキーを中心にしたプログラムで締めくくりました。

 最初のベートーヴェンは、ゲーテが書いた同名の戯曲の上演のための劇付随音楽です。オランダの独立戦争で闘った実在の人物を描いたストーリーのようですが、残念ながら読んだことがありません。全体が演奏されることはあまりなく、この序曲だけが単独でよく演奏されます。私も学生時代に一度演奏会でやりました。大きく3つの部分からなり、基本的なオーケストラの編成です。最近の演奏会では20世紀の曲が多かっただけに、19世紀初めに作曲されたこの曲は落ち着いた響きにきこえました。一つ一つの音が立っていて、非常によくまとまった演奏でした。

 2曲目は20分程度の曲ですが、チェロの独奏を伴う協奏曲風で、チャイコフスキーらしいメイロディカルな聴きやすい曲です。メインの『悲愴』が重たいだけに、非常によい組み合わせでした。そして、何よりも今回の独奏者・ディンドの音色が非常に優しく、また暖かく包み込んでくれるような演奏でした。チェロの独奏を伴う曲は毎年1,2曲取り上げられますので、これまで何人も聴いています。その中でもディンドはとりわけふくよかな音色でした。ぜひCDを手に入れて、他の演奏もいろいろ聴いてみたいチェリストです。

 題名の「ロココ」とは、バロック(音楽史で言えばバッハに代表される17世紀から18世紀前半)とその後に起こったバロック以前の古典的な潮流(音楽史ではこの時期が古典派と呼ばれ、ベートーヴェンに代表される18世紀後半から19世紀初頭)の間に位置する優美で繊細な芸術思潮ですが、チャイコフスキーにとってはモーツァルトがその象徴だったようです。時代的にはぴったりですが、モーツァルトとチャイコフスキーの共通点は、音楽史上屈指のメロディーメーカーというところでしょうか。

 休憩をはさんで後半は『悲愴』。表題があまりにも有名ですが、40分あまりの曲を最後まで聴き通すと、表題の通り、悲しくていたたまれない気持ちになります。

 交響曲の一般的な構成である4楽章から成っていますが、3楽章目で大きく盛り上がっていったん終わったような気分にさせられます。そして、第4楽章がアダージョ・ラメント−ソ(Adagio Lamentoso)、「嘆きのアダージョ」と呼ばれる、それまでの交響曲の常識を覆す暗く陰鬱な音楽で終わります。『エグモント』の作曲者であるベートーヴェンの交響曲などと比べるとは、同じジャンルとは思えないです。始まりもやや特異で、第1楽章冒頭は低弦の音にのってファゴットが「ため息の動機」とよばれるメロディーを奏でます。少し怒りを含んだため息だったのでしょうか、やや割れたような音で、感情を抑えているかのような演奏でした。

 オケにとって技術的にも決して簡単ではありません。しかし、何よりも全体としてどのように表現するかは非常に難しい曲です。誰もがよく知っているからということもありますが、誰もが共感できる「悲愴」を音で表すのは大変です。

 チャイコフスキーの曲はテンポの変化や音量の強弱の指示も細かいのですが、『悲愴』ではダイナミックスレンジの幅も非常に大きい。再弱音はp(ピアノ)が6つ、pianissississississimoです。最強音はf(フォルテ)が4つ、fortissississimoです。ベル単位で測れる音量を単純に示しているわけではありませんが、極端な人です。

 4月からは《文豪クラッシック》と題する新シーズンが始まります。シェイクスピアやゲーテなど、文豪の作品にちなんだ作品が取り上げられます。11回の演奏会で11人の名作がテーマとなりますが、来年度は聴くだけではなく、読む方も全作品を制覇したいと思います。音楽と文学の融合がどんな世界を開いてくれるのか楽しみです。

METライブビューイング《愛の妙薬》

 先週土曜日から名駅・ミッドランドスクエア・シネマで、METライブビューイングの今シーズン4作目
ドニゼッティ作曲の歌劇《愛の妙薬》が上映されています。今週土曜日までです。

 ドニゼッティは19世紀の初めに活躍したイタリアのオペラ作曲家です。多作で知られていて、50年の生涯、実活動期間は約25年ほどにもかかわらず、70作ものオペラを作曲しています。実演奏時間を今回の《愛の妙薬》と同じ2時間強としても、1日に1分作曲していることになります。メロディを思い浮かべるだけでよければできるでしょうが、できあがった台本の歌詞に合わせ、さらにオーケストラ用のアレンジまでするとなると、ヴァイタリティがありますね。とはいっても、著作権の考え方がまだなかった時代です。使い回しなどもかなりあったようですね。

 さて、《愛の妙薬》はイタリアオペラの中でも非常に上演頻度の高い作品です。途中で主役のテノールによって歌われるアリア(ひとしれぬ涙)は、数あるオペラ・アリアの中でもとりわけ有名です。そして、有名なオペラにしては珍しく悲劇ではない! 誰も死ぬことなく、結ばれるべき二人がめでたく結ばれ、だまされたはずがなぜか丸くおさまっている、という、まさにHappy endなお話しです。

 舞台はスペイン・バスク地方の農村、主な登場人物は4人、時代はたぶん17~18世紀あたり。農村ではまだまだ識字率が高くなく、読み書きができるのはお金持ちの家族くらい。村の農場主の娘アディーナ(ソプラノ)は頭がよくて勝ち気、おそらく登場する村人の中で唯一字が読める役でしょう。冒頭で『トリスタンとイゾルデ』という、ヨーロッパに古くから伝わる物語を読み聞かせるシーンがあります。このヒロインに恋をする農夫のネモリーノ(テノール)は純朴で気が弱い青年。もちろん読み書きはできず、途中で兵役に就くにあたっての契約書へのサインも╳印をするしかできませんでした。

 アディーナが読み聞かせをする『トリスタンとイゾルデ』の話では『惚れ薬』が使われます。これが、オペラでは《愛の妙薬》として、引き継がれてストーリーがつくられています。あるわけもない飲み物ですが、村にやってきたデュルカマーラ(バス)という薬の行商人の宣伝に、アディーナの気をひきたい一心のネモリーノはころっとだまされて買い込んでしまいます。

 村には軍隊もやってきて、司令官ベルコーレ(バリトン)がアディーナを誘惑し、結婚の約束を取り付けるという横やりも入るため、話が少しややこしくなります。

 最後は、ネモリーノの誠意がアディーナに伝わり、ベルコーレは他の女性に乗り換え、デュルカマーラも恨まれることなく別の村へ移っていきます。めでたしめでたし。

 たわいない話ですが、ここにドニゼッティの音楽がつくと、次々と聴き応えのある音楽と歌が続き、2時間あまりがあっという間に過ぎていきました。《愛の妙薬》はMETライブビューイングでは2回目。前回は2012年で、ネモリーノ役は今回と同じマシュー・ポレンザーニ。(
ここをみてください)他の共演者も指揮者も違うため、全体の印象も大部変わりました。同じ作品でありながら、演奏者の違いによっていろんな違いを楽しめるのもオペラ、あるいはクラシック音楽の醍醐味です。

 次回は3月の終わりから4月の始めにかけてで、最も有名なオペラの1つ、プッチーニの《ラ・ボエーム》です。19世紀半ばのパリを舞台に、貧しい若者を主人公とするロマンスです。ストーリーのわかりやすさといい、音楽のすばらしさと言い、今までオペラを見たことがない方が初めて見るに最もよい作品だと思います。