5月生まれの作曲家3:マスネとフォーレ

 5月生まれの作曲家を紹介すると言いながら、もう月末です。今回は3人にほぼ同時代のフランス人作曲家を紹介します。
生年順に、
  1842年5月12日生まれのジュール・マスネ
  1845年5月12日生まれのガブリエル・フォーレ
  1866年5月17日生まれのエリック・サティ
です。いずれもパリを中心に活躍した作曲家ですが、それぞれ得意分野や活躍の場はかなり異なっています。
 
 マスネは20を越えるオペラを作曲し、当時は大変人気があったようです。36歳でパリ国立高等音楽学校の教授となり、教育に携わりながら、現在でも上演される『マノン』、『ウェルテル』、『タイス』などのオペラを作曲しています。これら以外にも『サンドリヨン』(シンデレラ)や『ナヴォラの娘』が知られています。


 『マノン』、『ウェルテル』、『タイス』はいずれも小説を基にして台本が書かれています。アベ・プレヴォーの「マノン・レスコー」やアナトール・フランスの『タイス』は日本ではあまり有名ではありませんが、『ウェルテル』はゲーテの「若きウェルテルの悩み」は読んだ人もいるでしょう。いずれも、男女の愛と死を描いていますが、三様というか、それぞれに読み応え、見応えがあります。音楽としては『タイス』の幕間で演奏される「タイスの瞑想曲」が最も有名でしょう。ヒーリングミュージックとしても単独でよく演奏されます。

 三人の中で作曲家として最も評価の高いのはフォーレでしょう。ただし、有名な曲となると、何をあげれば良いのか、これといってありません。オーケストラ曲などのCDも持っていますが、フランスでは歌曲が有名なようです。「夢のあとで」はどこかで聴いたことがあるかもしれません。また、『レクイエム』は日本でもよく知られ、BGMなどとしても親しまれています。モーツァルト、ヴェルディと合わせて「三大レクイエム」などと称されますが、この三曲の中では、最も美しく心が洗われるような一曲です。

 フォーレはマスネの後任としてパリ国立高等音楽学校作曲科の教授となり、ラヴェルやデュカスなど多くの作曲家を育てました。後に音楽学校長として教育改革も手がけ、高く評価されています。

 サティは三人の中では異色でしょう。十分な音楽教育を受けることなく、また、かなり奔放な生活を送った時期もあるようです。有名な「ジムノペディ」は20代前半での作曲です。この曲もBGMとしていろんな場で使われていますが、エスプリが効いているとも言えるし、虚無的であるとも言えるし、いろんな聴き方のできる曲です。友人であったドビュッシーがオーケストラ曲に編曲をして広く知られるようになりました。サティはこのほかにも数多くのピアノ曲を残し、後世に与えた影響は大きいようです。

5月生まれの作曲家2:チャイコフスキー

 『白鳥の湖』、『くるみ割り人形』、『眠れる森の美女』。チャイコフスキーの三大バレエ音楽であり、おそらく、バレエ音楽全体の中でも三大曲といって良いでしょう。チャイコフスキーの作品はオーケストラの音楽が中心ですが、情緒的で心にストレートに訴える音楽には誰しも魅了されます。

 ピュートル・イリイッチ・チャイコフスキーは1840年5月7日に生まれました。技術者の父を持ち、比較的裕福な家庭だったようです。当初役人を目指して法科大学に入り法務省に就職しますが、音楽への情熱が勝り、ペテルブルク音楽院に入学します。

 当時は帝政ロシアの時代で、首都であるペテルブルクでは十分に活躍できず、モスクワ音楽院で教鞭をとりながら作曲活動を始めます。

 バレエ音楽は、コンサートの用の組曲にも編まれており、オーケストラのコンサートでもよく演奏されます。しかし、なんといっても6曲の交響曲、中でも第4、5、6番はとりわけ有名です。第6番は「悲愴」とのタイトルもつけられ、やや異質な構成ではありますが、古今の交響曲の中でも名曲中の名曲です。また、協奏曲ではピアノ協奏曲第1番とヴァイオリン協奏曲(1曲しかつくっていない)も「超」のつくほどの名曲で、非常に頻繁に演奏され私も何度も生で聞いています。

 チャイコフスキーの音楽の特徴は、流れるようなメロディーとその一つ一つがロマンチシズムに溢れていること。また、曲の盛り上げどころ、あるいは泣かせどころなど、いわばツボを心得ているところでしょうか。スコア(オーケストラ用の全楽器のパートが記された楽譜)を見ると、作りは比較的単純なように見えます。絶妙な組み合わせが聴くものを酔わせるのでしょうか。

 上に挙げた曲は必ずどこかで耳にしているはずですが、どの曲でも良いのでぜひ意識して聞いて欲しいものです。

 チャイコフスキー自身はオペラ作品で名を成したかったようで、事実、10曲以上ものオペラを作曲しています。しかし、評価され、現在でも上演されるのは『エフゲニー・オネーギン』と『スペードの女王』の2作品くらいでしょうか。私もこれら以外は題名も知りません。

 あまり知られていな曲でおすすめは「弦楽セレナーデ」とピアノ曲集『四季』です。「弦楽セレナーデ」は、その名の通り弦楽器だけの編成による4楽章構成の曲です。冒頭はCMのBGMにも使われたことがあるので覚えている人も多いでしょう。また、『四季』は各月ごとにテーマを決めて作られた12曲からなっていて、中でも6月「舟唄」が有名です。リサイタルのアンコールなどでもよく演奏されますが、ロマンチスト・チャイコフスキーの面目躍如といった佳作です。

 亡くなったのは1893年11月6日。交響曲第6番初演の数日後で、入水自殺ともコレラに罹患したとも言われていますが、正確なところはわかっていません。

5月が誕生日の作曲家1:ブラームス

 コンサートもなく、家でCDを聴いたり録画を観たりして過ごしていますが、やはり物足りません。生演奏を聴きにいかないと何かを書こうというモチベーションも湧いてきません。

 とはいえ、空白月をつくるのも悔しいので、作曲家について何か書いてみることにしました。ベートーヴェンイヤーではありますが、それはそれとして、今月を誕生日とする作曲家を簡単に紹介することにしました。

 5月生まれの有名な作曲には
7日生まれのブラームスとチャイコフスキー、12日生まれのマスネとフォーレ、そして、22日生まれのワーグナーでしょうか。日本人としては31日生まれの伊福部
がいます。

 ブラームスとチャイコフスキーという、ロマン派の大御所が同じ日に生まれているのは奇遇というか言いようがありません。また、フランス近代音楽の礎を築いたマスネとフォーレが同じ日というものこれまた奇遇。こんなことに気がついたので、筆を取りました。

 ヨハネス・ブラームスは1833年5月7日にドイツのハンブルクに生まれ、1897年4月3日にウィーンで亡くなりました。ハンブルクとウィーンは現在も当時も別の国ですが、同じドイツ語圏、まずは生粋のドイツ人といって良いでしょう。若い頃はかなりのイケメンで、颯爽としていたようですが、よく見る晩年の写真は肥満で髭面。かなりむさ苦しく感じます。生涯独身でしたが、師であるシューマンの夫人、クララ・シューマンを思慕していたとか。シューマンが早くなくなっていますから、当時からもいろいろ噂されていたようですが、あくまでもプラトニックなものだったようです。

 じっくりと筆を進めるたちだったのか、全てが名曲です。誰もが聴いたことのある曲では、ハンガリー舞曲第5番、交響曲第3番第3楽章でしょう。後者はイングリッド・バーグマンとアンソニー・パーキンス主演の映画「さようならをもう一度」のBMGとして使われたことから広く知られるようになりました。この映画はフランスの作家サガンの小説『ブラームスはお好き』が基になっています。映画も小説も名作です。

 クラシック音楽に馴染みがあるあるいはオーケストラの曲を聴いてみたいということであれば、なんといっても交響曲第1番と第4番、そしてピアノ協奏曲第1番でしょう。交響曲第1番は、ベートーヴェンに憧れたブラームスが構想を練り始めてから完成まで20余年をかけた傑作。のちに、ベートーヴェンの「交響曲第10番」とも評されました。プロテスタントのブラームスらしく、コラール風のメロディーで始まり、最後までエネルギーに圧倒されます。

 20余年の間に作曲されたのがピアノ協奏曲第1番です。2曲しかつくっていないピアノ協奏曲はどちらもピアニストにとっても難曲のようですが、交響曲の様に分厚く、聴くのもヘビーです。まるで分厚いステーキのような曲です。

 ブラームスは交響曲を4曲つくりましたが、最後の第4番はまさに集大成。同時代のブルックナーと比較されて、やや古臭いように言われることもあったようですが、オーケストラ曲の王道をいっていると思います。

 ブラームスの出身地であるハンブルクは、北海に面した街。行ったことはありませんが、どんよりとした曇り空をイメージします。一方で、今も昔も庶民のエネルギーにあふれる商業の街。そんな街に育ったからなのでしょうか、ブラームスの曲は全体をおおう何とも言えない暗さと、その下に隠れたマグマのようなエネルギーを感じます。強く生きる意志のようなものが聴く者の心を打つのでしょう。


 ブラームスは歌曲や合唱曲もたくさんつくっていますが、残念ながらほとんど聴いたことがありません。

 次回はチャイコフスキーを。

オケのテレワーク

 毎週金曜日の夜9時から、教育テレビで「らららクラシック」という番組があります。ややバラエティー番組に近いですが、短い時間で様々なクラシック音楽の曲の構成や作曲家の意図など、有名作品のみならず、幅広く取り上げてわかりやすく解説してくれます。

 先週は、音楽の解説というよりは、音楽家の活動が取り上げらえれました。オーケストラや演奏家や、コンサートが開ないだけではなく、日常の練習にも大きな制約を受けています。特に、オーケストラは100人近くが一箇所に集まらないといけないため、深刻です。

 そこで、オケもテレワークに挑戦して、個別に録画した演奏・映像をあわせて配信しています。番組では、国内のプロオーケストラのホルン奏者33人によるホルストの「木星」(「組曲『惑星』より)と、新日本フィルハーモニー管弦楽団60人によるロッシーニの歌劇「ウィリアム・テル」序曲が演奏されました。奏者によっては何度も取り直しをしているのではないかと思いますが、出来上がった映像は見事です。

 吹奏楽や合唱の経験があるとわかると思いますが、合奏や合唱は同じ場所で互いの呼吸を感じながらやるからこそまとまるのであって、メトロノームや他人の演奏をスピーカーで聴いて自分が演奏してもうまくいくものではありません。さすがはプロです。

 「ウィリアル・テル」の話は有名ですから、知っているでしょう。オペラとして上演されることはあまりないと思いますが、この序曲は有名で、演奏会でもよく取り上げられます。スイスの伝説ですが、神聖ローマ帝国時代を舞台にした伝説です。弓の名手であるテルが、我が子の頭の上に乗せたリンゴを見事いぬいたことをきっかけに、民衆が立ち上がって圧政を強いる代官の支配を脱して自治を獲得したというストーリー。オケも頑張っているというだけではない、あたしたちへの力強いメッセージを感じました。

 NHKオンデマンドでも配信されているはずですが、再放送は5月14日(木)午前10:25~午前10:55(30分にあります。