名フィル第484回定期「浪漫」

 先々週末、11月6、7日に行われた名フィル11月定期は、「浪漫」と題して、ベートーヴェン後の音楽史でロマン派とされる時期の代表的な作曲家の作品が取り上げられらました。プログラムは
  ワーグナー:歌劇『リエンツィ』序曲
  ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
  シューマン:交響曲第4番ニ短調
  ヴァイオリン独奏:三浦文彰
  指揮:小泉和裕

 序曲、協奏曲、そして交響曲と並ぶオーケストラコンサートの王道のようなプログラムです。
 『リエンツィ』はワーグナーの初期の作品で、いわば出世作品。歌劇としては6時間に及ぶ大作とかで、上演される機会もほとんどなく、残念ながら映像でも見たことはありません。序曲を聴く限り、後のこってりしたワーグナーらしさはあまり感じませんが、それだけにコンサートの冒頭には向いているのでしょう。序曲は単独でよく演奏されるようです。学生時代にもやったことがあります(私は舞台にのりませんでしたが)。

 大編成のオーケストラ、特に金管楽器が活躍する曲です。もう少し迫力があるかと思いましたが、あっさりとした演奏でした。むしろ、次のヴァイオリン協奏曲の抒情性を引き立てる意図だったかな。

 協奏曲は本来、アリーナ・ポゴストキーナ(http://www.alinapogostkina.de)というドイツのヴァイオリニストが独奏する予定でしたが、来日の目処が立たず、三浦文彰(https://avex.jp/fumiaki-miura/live/)に変更されました。三浦は412回定期でシベリウスのヴァイオリン協奏曲を独奏しました。その時の音色は覚えていませんが、当時の使用楽器は1748年製ガダニーニ、今回は1704年製のストラディヴァリウスでした。楽器の良さもさることながら、滋味豊かというか、心に染み込んでいくような音色でした。

 ブルッフは1838年生まれ、ワーグナーやシューマンよりも25年ほど遅れて生まれています。ブラームスやチャイコフスキーと同世代ですが、それほど知名度は高くありません。オーケストラのコンサートでも、このヴァイオリン協奏曲以外はほとんど取り上げられることもないのではないでしょうか。とはいえ、印象的なフレーズが散りばめられた、この時代、ロマン派を代表する名曲です。

 ヴァイオリンには重音が随所にあり、技術的にどの程度の難易度かよくわかりませんが、必須のレパートリーのようです。今回は若い奏者を、オケがうまく盛り立てていました。CDでも何度も聴いていますがが、やはりホール全体に響き渡る独奏ヴァイオリンの音には敵いませんね。オケとの掛け合いも非常に立体的で、生演奏の醍醐味を十分に味うことができました。

 シューマンは、まさに「これぞロマン派」という作曲家です。大好きな作曲家の一人ですが、交響曲は4曲をつくっているだけです。今回演奏された第4番は、順序としては2番目に作曲された交響曲で、妻クララとの結婚の翌年に、彼女の誕生日に贈られ、年末に初演されたそうです。残念ながら芳しい評判が得られず、お蔵入りとなり、10年後に改定された後出版されたようです。

 4つの楽章が切れ目なく演奏されます。ややつかみどころが無いと感じることもあるのですが、非常にメロディかるで、聴いているうちに熱くなっていきます。所々に現れるソロも効果的で、特にヴァイオリン(コンサートマスター)のソロや、チェロとオーボエによる重奏は秀逸でした。CDでは何度も聴いていても所詮はながら聴きばかりでなかなか集中してできませんが、目の前での演奏はやはり別物。第3楽章から第4楽章へ続く部分などは、はっとさせられました。後で読むとプログラムの楽曲解説でも触れられていましたが、ベートーヴェンの交響曲第5番の第3楽章から第4楽章へ続く部分と非常によく似ています。シューマンが意識してそのように書いたのかどうかは分かりませんが、高い緊張感はやはり生でこそ味わえる物だったのでしょう。

 また、今回の演奏では第4楽章の終結部がきいたことがなくらい速いテンポでしたが、妙にしっくりと腹に落ちました。これもライブだからこそなのか、指揮者の指示にオケもしっかりとついていき、圧巻でした。

 来月は12月11、12日。ベートーヴェンの交響曲第8番をメインに、フランス音楽が楽しめます。そして、18、19日は交響曲第9番です。