名フィル定期第438回定期 『山猫』とギター協奏曲

 9月の名フィル定期は月初めの3日、
ニーノ・ロータ:交響組曲『山猫』
カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター協奏曲第1番 ニ長調
ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調
指揮:ガエタノ・デスピノーザ(Gaetano D’ESPINOSA)
ギター独奏:朴葵姫(Kyuhee PARK) 

 今回はあまり有名ではない曲ばかりだったせいか、お客さんの入りは今ひとつでしたが、珍しいギター協奏曲や有名なイタリア映画のいわばサウンドトラックを前半においたプルグラムは、イタリア人指揮者らしい。2度と生ではきけないような曲が並ぶ魅力的なプログラムでした。

 映画「ゴッド・ファーザー」の音楽(『愛のテーマ』など)はご存じの方も多いでしょう。20世紀イタリアを代表する作曲家で、とりわけ映画音楽の分野でよく知られたニーノ・ロータ。元々は本格的なクラシック音楽の作曲家で、協奏曲などもつくっています(かつて名フィル定期第347回(2008年5月)でも『トロンボーン協奏曲』が取り上げられました)。映画音楽では、今回の『山猫』の他、フェデリコ・フェリーニ監督の『甘い生活』や『道』などが有名です。

 『山猫』はルキノ・ヴィスコンティ監督(『郵便配達は2度ベルを鳴らす』や『ベニスに死す』などが有名)の映画(1963年公開)で、19世紀半ばのシチリアでの貴族社会の繁栄と没落を描いた作品です。原作となる小説があり、時代背景などがよく分かります。映画では、青年貴族を演じるアラン・ドロンのはつらつとした演技が印象的ですが、ニーノ・ロータの音楽は映画の主題に沿ったのか、豪華絢爛な雰囲気の中にも何となく陰りが感じられます。特に映画のオープニングに使われ、今回演奏された組曲の冒頭を飾る音楽が分かりやすいと思います。

 2曲目は珍しいギター協奏曲です。ギターという楽器(もちろん、アコースティックギターです)は皆さんご存じの通り、それほど大きな音量が出せる楽器ではありません。したがってオーケストラに埋没してしまうため、そもそもオケとの協奏曲はそれほどつくられておらず、ロドリーゴの『アランフェス協奏曲』(名フィルでは第370回定期で取り上げられています)が有名な以外は、演奏機会もほとんどないと思います。

 今回取り上げられた曲はギター協奏曲の中では比較的よく知られているようで、手持ちのCDでは「3大ギター協奏曲」と題して、アランフェス協奏曲とともにカップリングされています。作曲者のカステルヌオーヴォ=テデスコはニーノ・ロータの一世代前の作曲家、といっても活躍したのは20世紀の半ば。イタリア生まれですが、ユダヤ系ということで、第二次大戦をはさむ難しい時期に生き、ファシズムの台頭を逃れてアメリカに渡っています。(余談ですが、”テデスコ;tedesco”はイタリア語で”ドイツ人”という意味です)

 ギター協奏曲第1番は当時の有名なギター奏者のために作曲されたもの。メロディーもわかりやすく、非常に聴きやすい曲です。

 今回のソリストである朴は1985年韓国生まれ。数々の国際コンクールで優勝した後、日本を中心に活動しているようです。一音一音がはっきりとしていてテクニックの高さを感じました。また、ギターの音量を考慮してか、オケは小編成で、まるで室内楽のような演奏スタイル。どちらかというとオケがギターを支えていると感じるでしたが、ギターとオケとのかみ合いもよく、1曲目が大編成であっただけに、さわやかな時間でした。

 ソリストアンコールは
ローラン・ディアンス: タンゴ・アン・スカイ
という曲でした。高度な技巧を要求する曲のように聴きましたが、決して技術を見せつけるのではなく、じっくり聴かせてくれたような気がします。(前日の演奏会ではタレガ作曲『アルハンブラの思い出』を演奏したようです。聴きたかった(; ;)) 演奏会終了後にはCDの購入とあわせてサイン会があり、写真撮影にもにこやかに応えてくれました。
イメージ 1

 後半はメインであるドヴォルザーク。交響曲ではなんといっても第9番《新世界から》が圧倒的に有名。今回演奏された第7番は、作曲者40代の頃の作品で、前後には愛国的な作品も手がけていただけに、チェコ(あるいはボヘミア)の雰囲気を感じさせる隠れた名曲。前半の2曲とは切り離して楽しむつもりでしたが、さすがはイタリア人指揮者というべきか。「チェコ臭さ」を排除して、あっさりと、どちらかといえば楽天的な純音楽としての交響曲に仕上げてくれました。手持ちのCDがチェコの有名な指揮者によるチェコのオーケストラの演奏で、「チェコ臭さ」にどっぷりとつかっていただけに、新鮮な驚きでした。オケも指揮者の要求に応えていたのでしょう、弦楽器がよく響き、管楽器も充実したハーモニーを聴かせてくれました。一方で、第3,第4楽章が気に入っているのですが、全奏での迫力も堪能できました。

 来月は10月21,22日、フィギュアスケートでもよく取り上げられるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が演奏されます(詳細はここ)。ソリストは世界的な名ピアニスト(誇張ではありません)であるミハイル・プレトニョフ。正直言ってよく名フィルに来てくれたなと思うような大物、”必聴”です。彼のリサイタルだとチケット代は3倍以上すると思います。

 また、9月22日から名古屋港でアッセンブリッジ・ナゴヤというイベントがあり、24日・土曜日の夕方に名フィルのコンサートがあります。ジャン=マルク・ルイサダという、こちらもフランスの名ピアニストとベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を共演します(詳細はここ)。このコンサートは無料です。時間のある方は是非。

大分城

 8月下旬に学会出張で大分に行き、空き時間を利用して大分府内城を見てきました。

 関ヶ原の戦いの少し前に築城が始まり、関ヶ原後に改修、江戸時代に大火に合ったほか、明治維新、戦争と続く中でほとんどの建物が失われてしまったようです。内堀とそこから立ち上がる石垣、天守台がかつての姿を残しています。

IMG_2498

 戦後になって一部の櫓などが再建されていますが、切り出した石を少しだけ加工して組み上げた打込接(うちこみはぎ)の具合や角の部分の算木積(さんぎづみ)に使われている石の様子など、城作りの手法が完成する前の時代の状態がよく分かります。

 天守台の石垣の方がやや古いようで、ひとつひとつの石が小さく、形も統一性がなく、積み方も乱雑です。

IMG_2515

姫路城

 今回の最後は世界遺産・姫路城です。これまでにも2回訪れていますが、未だ天守に登ったことがないため、3度目の正直で念願の天守登楼です。過去の記録はここここです。

 一昨年末に大改修がほぼ終わり、昨年3月に天守に上れるようになりました。直後は混雑したようですが、一段落したのでしょうか。平日の夕方ということもあり、空いていました。本丸の一部がまだ工事中ですが、しばらくすれば全体を見て回ることができるでしょう。

IMG_2486IMG_2439

 天守の外観はどこから見ても絵にります。今回姫路に登ったことで、現在国宝に指定されている5つの天守に全て登楼したことになりますが、他の4つとは比較にならない大きさ。内部はさすがに薄暗く、窓からの光が強くなってしまい、スマホではいい写真がなかなか撮れませんでした。
IMG_2389IMG_2393
IMG_2392IMG_2394

 お城に特別な興味のあるなしにかかわらず、1度は見て、登ってみるべきものだと思います。

備中高松城

 「天空の城」というと、兵庫県の竹田城が有名ですが、山城としてはお隣の県にあるこの城こそが第一でしょう。岡山県の中部に位置する高梁市、標高480mの臥牛山の頂上にそびえる天守は現存天守としては最も標高の高いところにあります。街の中からもうかがうことができますが、登城のためには途中まで車で上り、そこからシャトルバスでさらに上の駐車場へ。そこから30分ほど上ると三の丸、二の丸、そして天守のそびえる本丸にたどり着きます。

IMG_2376

 この写真では小さすぎて分かりませんが、中央の木立の右半分が割れたようになっている部分に天守があります。途中は本当に山の中、途中の道路ではサル(下)も出ました。慌てていた(?)のかフォーカスが・・・・・。

イメージ
 

 大手門跡から見上げる石垣と土塀は大河ドラマ『真田丸』のオープニングに使われています。岩盤の一部を取り込んだ石垣は、他では絶対に見られません。壮観です。

IMG_2325
 

 三の丸の土塀と、本丸の天守、二重櫓はいずれも重要文化財。かつての雄姿がそのままで整備されています。

IMG_2351

 秋から冬にかけて、気温の下がった明け方には近くの山上から雲海に浮かぶ天守を望めるそうですが、今回は真夏の青空をバックに。中央やや右手の山上、白い小さな2つの展が天守と二重櫓です。左に高梁の街並みと高梁川が見えます。

IMG_2379

 高梁市はある程度標高のある地域ですから涼しいのかなと思いきや、盆地になっているため瀬戸内海沿いの岡山市などよりも気温は2~3度も高いとのこと。朝、開城と同時に登ったのですが暑かった!!

月山富田城

 鳥取から島根県安来市へ。安来節で有名な町ですが、山の方へしばらく行くと広瀬という地域があり、庭園で有名な足立美術館があることで知られています。その近くの小高い山の上に月山富田城の跡が残っています。

 戦国時代に山陰、山陽地方のあわせて11カ国を支配した尼子氏の居城があったところです。さぞ栄華を極めたことでしょうが、その後台頭した毛利氏に滅ぼされてしまいます。戦国大名としてはあまり有名ではないので初めて名前を聞いたという人も多いでしょう。大河ドラマなどでもほとんど登場することはありませんが、一昨年の『黒田官兵衛』の話の中で少し出てきましたし、ずいぶん前の『毛利元就』ではかなり大きく取り上げられました。

 毛利元就に滅ぼされた後、家来の山中鹿之助が尼子氏再興を願って「我に七難八苦を与え給え」と三日月に祈ったという逸話が残されています。

IMG_2144

 月山富田城は曲輪の跡などある程度整備されていますが、いかんせんここも山登りが必要。登りかけたらアブにつきまとわれ、雲行きも怪しく、登城は断念。下の写真の頂上に木が3本立っている場所がかつての本丸跡でしょうか。文字通り『兵どもが夢の跡」。
 山の麓には博物施設や碑が残っています。

 広瀬の街も古い建物が少しは残っているのですが、寂れているという感じは否めず、正直言って観光に訪れるところとは・・・・。