METライブビューイング ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》

 欧米ではサッカーやラグビーなどのスポーツと同様に、音楽、少なくともクラシック音楽は毎年秋から翌年の夏の初めくらいまでが1つのシーズンです。多くの歌劇場やオーケストラが9月、または10月から翌年の5月か6月くらいまでを1つのシーズンとしてプログラムを組みます。

 ニューヨークにあるメトロポリタン歌劇場は、アメリカ国内はもとより、世界的に有名な歌劇場=オペラハウスで、優れたオーケストラと合唱団、そして劇場スタッフを抱え、有名なソリストを招いてレベルの高い公演を続けています。とは言っても観客の年齢層は高く、なかなか裾野が広がっていかないようです。何とかオペラの魅力を知らせてファンを増やそうと、オペラの舞台をハイヴィジョンで録画し、それを世界中の映画館で上映するという企画が10年前から始まりました。題して「Metroporitan high difinition」、日本ではMETライブビューイングとして松竹が配給しています。HPはここです()。名古屋では名駅のミッドランドスクエアシネマで上映されます。

 残念ながら初年度は気がつかずに見損ねましたが、2年目からずっと追いかけて、かなりの作品を見てきました。この場でもたびたび紹介していますので、「」で見てください。

 さて、今シーズンは11月始めに
ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』
で開幕しました。
 指揮は、サイモン・ラトル、現在ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督として有名です。

 ワーグナーという作曲家はオペラ以外はほとんど作品がないため、どれほど有名であるのかよく分かりませんが、劇中で用いられる曲の中には誰もが知る曲がたくさんあります。
『ローエングリン』の「婚礼の合唱」(一般に『結婚行進曲』と呼ばれています)、『ワルキューレ』の「ワルキューレの騎行」(映画『地獄の黙示録』などで使われました)、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の前奏曲(名大では入学式と卒業式のオープニングで、名大オケが演奏します)などは、誰もが耳にしていると思います。今回の『トリスタン』は、音楽史的には非常に有名な曲を含んでいるのですが、残念ながら、聴いて耳に残るというタイプのメロディーではありません。

 上映は全て1週間しかないため、この作品の上映はもう終わっています。ストーリーなどはライブビューイングのHPを見ていただくことにして、簡単に感想だけを記します。

 全3幕、4時間半に及ぶ大作で、題名の通り、トリスタン(男性、テノール)とイゾルデ(女性、ソプラノ)の2人が主役。ただ、今回はイゾルデ役のニーナ・ステンメというスウェーデンのソプラノ歌手がすばらしく、映像/録音とは言え圧倒されました。オケがかなり重厚なため、並みの声では聞こえません。声を長時間にわたって衰えさせないスタミナと切れない集中力、超一流の演奏を堪能しました。

 さて、次回は今週末から。モーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』です。音楽的には非常に親しみやすく、初めて聴く方にも簡単になじめるものです。ストーリーは・・・・。とんでもない話です。オペラならではと言えばいえますが、まじめに見ると腹が立つだけです。全2幕、途中に休憩をはさんで3時間半、1日2回上映されます。