METライブビューイング《カルメン》

3月は年度末ということもあって忙しい時期なのでしょうか。ライブビューイングは1回だけでした。ちょうど卒業式の日からビゼー作曲の歌劇《カルメン》が上映されていました。遅くなりましたが、簡単に記録だけしておきます。

 これまでにも、数回も取り上げられていますが、会場は常に満席です。数年前に新しい演出版が始まりましたが、かなり独特の演出ということもあり歌手によってかなり違いがあります。今回の配役は
    カルメン:クレモンティーヌ・マルゲーヌ、メゾ・ソプラノ
    ドン・ホセ:ロベルト・アラーニャ、テノール
    ミカエラ:アレクサンドラ・クルジャック、ソプラノ
    エスカミーリョ:アレクサンダー・ヴィノグラドフ、バス
    指揮:ルイ・レングレ
でした。

 新演出時には、カルメンとドン・ホセが一緒になってフラメンコ(?)を激しく踊る場面がありましたが、今回はカルメンがわりと静かに踊るのみ。その分、歌唱に重きを置いたのでしょうか、聴きごたえがありました。

 ストーリーを一言で言えば、おなかに恋人をおいて都会に出た青年が、妖艶な女性に惑わされて人生を台無しにすると言うところでしょうか。主人公カルメンはロマ(ジプシー)の女性で、盗賊団にもかかわっています。彼女に入れ込んでしまう青年がドン・ホセ。正直言ってバカなやつです。ホセの恋人ミカエラは正直を絵に描いたような、純で優しい女性。

 ドン・ホセとミカエラはもともと恋人同士でしたが、今回ドン・ホセとミカエラを演じた二人はプライベートでご夫婦です。その、ドン・ホセがカルメンに誘惑されるというストーリーですから、なかなか面白い配役です。


 カルメンは《椿姫》や《ボエーム》と並んで上演頻度の高いオペラです。ストーリーがわかりやすい、音楽に変化がある、ソプラノ、メゾ、テノール、バスとほぼ全ての音域の歌手がソロや重唱を歌う、バレエがある、華やかな合唱があるなど、オペラを楽しむための全ての要素が詰まっています。