《カルミナ・ブラーナ》

カール・オルフという作曲家をご存じでしょうか。1895年ミュンヘン生まれで、20世紀の半ばから後半にかけて活躍し、1982年に亡くなっています。それほどたくさんの曲を残しているわけではなく、演奏会などでもそんなに取り上げられることはありません。ただ、この《カルミナ・ブラーナ》という曲は非常に有名で、コマーシャルのBGM などでも使われています。聴けば「あ、あれか」と気づく人も多いでしょう。
古い映像ですが、1989年12月31日、小澤征爾指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏はここ

さて、この《カルミナ・ブラーナ》は「世俗カンタータ」と呼ばれるジャンルの曲で、独唱付のオーケストラと合唱のための曲です。演奏時間は1時間余、同じメロディーの繰り返しが多く、技術的にも難易度はそれほど高くないため、アマチュアのオーケストラや合唱団が取り上げることも多い曲です。

知り合いの知り合い(の知り合い?)が合唱団の一員として歌うということでチケットが手に入り、2回聴きに行きました。
 昨年10月12日:「岐阜秋の音楽祭2014」の一環として開かれた「第11回岐阜県オーケストラフェスティバル」での演奏会。岐阜市のサラマンカホールで、宮松重紀指揮の同フェスティバルオーケストラとカルミナ県民合唱団、サラマンカ少年少女合唱団、他。独唱:中井亮一(テノール)、山中敦子(ソプラノ)、大島幾雄(バリトン)、
 今年1月25日:名古屋シティーハーモニー ニュー・イヤー・コンサート。神田豊壽指揮の東海フィルハーモニーと名古屋シティーハーモニー、名古屋少年少女合唱団、他。独唱:内田恵美子(ソプラノ)、大久保亮(テノール)、春日保人(バリトン)

いずれも独唱者はプロですが、オケ、合唱ともにアマチュア。演奏水準は置いて、やはり生演奏の迫力、臨場感は何物にも代えられません。CDもいくつか持っていますし、ちょうど昨年中頃にNHK交響楽団が定期演奏会で取り上げたため、テレビでも放送され録画を持っています。それぞれ何度か聴いていますが、やはり楽器やヒトの身体から直接発せいられた振動を自分の耳でとらえて生じる感動は別物です。
(NHK交響楽団の定期演奏会のパンフレットに歌詞が掲載されています。同時に演奏された《カトゥリ・カルミナ》の歌詞も掲載されていますが、ともに《成人向け》です。(ここです。http://www.nhkso.or.jp/library/philharmony/Phil14Jan.pdf

楽曲の解説を少し。
カンタータ(伊:cantata, 独:Kantate, 仏:cantate、交声曲)というのは、単声(つまり、パートが1つだけ)または多声(たくさんのパートに別れて、複数のメロディを同時に歌ったり、和音をつくったりする)のための器楽伴奏付の声楽作品のこと。「世俗」と付いているのは、歌詞の内容が宗教的な、つまりキリスト教あるいは聖書の内容に依るのではなく、非宗教(=世俗)の内容であると言うことです。


カルミナ・ブラーナ(ラテン語: Carmina Burana)というのは、19世紀初めにドイツ南部バイエルン州にあるベネディクト会のボイレン修道院(ベネディクトボイエルン: Benediktbeuern)で発見された詩歌集のこと。ラテン語、古イタリア語、中高ドイツ語(ドイツ中部から南部にかけて使われていた古いドイツ語)、古フランス語などで書かれた詩が300ほどあるそうです。歌詞の内容は若者の怒りや恋愛の歌、酒や性、パロディなどの世俗的なものが多く、おそらくこの修道院を訪れた学生や修道僧たちによるものと考えられています。カール・オルフはこれらの詩の中から24編を選び、曲を付けました。「初春に」「酒場で」「愛の誘い」の3部構成で、その前後に序とエピローグがついています。1936年に完成し、翌1937年7月8日にフランクフルトのフランクフルト歌劇場で初演されています。曲には、『楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる、独唱と合唱の為の世俗的歌曲 (Cantiones profanæ cantoribus et choris cantandæ comitantibus instrumentis atque imaginibus magicis、英訳例:Secular songs for singers and choruses to be sung together with instruments and magic images)(Wilipediaより)』という副題が付いているそうです。