名フィル定期 第439回(続き)

 少し時間が空きましたが、この日のメインプログラム(多くは休憩後に演奏される曲)である、
シベリウス作曲 交響曲第1番ホ短調
です。

 ジャン・シベリウスは1865年フィンランド生まれの作曲家で、交響詩「フィンランディア」で有名です。刺激的なリズムによるファンファーレを思い浮かべるかたも多いでしょう。

 たぶん、オペラ以外のほとんどのジャンルの曲を作り、19世紀後半から20世紀前半を代表する作曲家の1人です。特に、フィンランドでは国民的英雄とされています。「フィンランディア」には中間部の静かなメロディーの部分に歌詞が付けられ、「第二の国歌」だそうです。中学校の音楽の教科書に載っていたのをご存じの方もあるのでは?

 さて、シベリウスは全部で7曲の交響曲を作曲しています。今回演奏された第1番は1899年に初演されており、若々しさを感じるとともに、後年の作品にある何かを凝縮したような重たい感じはあまりありません。

 この日の演奏は、ラフマニノフの後で気力が続かないかなと心配したのですが、全くの杞憂でした。さすがは日本を代表するプロフェッショナル達ですね。非常に充実した中身の濃い演奏でした。決して激しい曲ではないのですが、指揮者とオケがぶつかり合っているようにも感じました(もちろん、いい意味で)。 

 この曲は演奏頻度はあまり高くなく、家で聴く機会もほとんどありません。自分でも「ここを」をポイントを絞って聴くことができなかったため、感想もありきたりのことしか書けませんが、「いつまでも浸っていたい」を感じることのできるすばらしい演奏でした。

 11月の定期は18、19日。音楽監督である小泉和裕の指揮で、
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
です。ピアノ独奏はゲルハルト・オピッツ、淡々とした演奏のスタイルですが、ドイツものを得意としているピアニスト。プレトニョフ同様に、現代の巨匠と言っていい1人です。また、2曲目は、通称「オケ・コン」と呼ばれ、オケの様々な楽器が独奏楽器のように活躍する難曲。期待が膨らみます。