名フィル定期《第462回》 シェイクスピア《ロミオとジュリエット〉

 先週末(11月22,23日)に名フィルの11月定期があり、《文豪クラシック》シリーズ第7回、シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』をテーマに
ショスタコーヴィチ:スケルツォ嬰ヘ短調
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調
プロコフィエフ:バレエ『ロミオとジュリエット』[抜粋]
ヴァイオリン独奏:辻彩菜
指揮:円光寺雅彦(名フィル正指揮者)
で行われました。

 あまりポピュラーではない曲の組み合わせで、お客さんの入りも今ひとつ。ソリストと協奏曲の組み合わせもどうかなと思いながら聴き始めました。

 今回の選曲は、ともに20世紀を代表する旧ソ連の作曲家による作品です。ともに交響曲の作曲家としても有名ですが、今回演奏された協奏曲やバレエの音楽もたびたび演奏されています。

 1曲目はショスタコーヴィチの「作品1」、わずか14歳で作曲したそうです。元々はピアノ曲だったようですが、本人が管弦楽化。さわやかで、コンサートのオープニングには最適の音楽でした。後の彼の交響曲や、今回演奏された協奏曲を知っていると、同一人物がつくったとは思えないほど。典型的なオーケストラの編成ですが、各楽器がうまく使い分けられています。管楽器にもソロが割り当てられて、名フィルの奏者達も楽しそうでした。指揮者の円光寺のつくり出すサウンドは、暖かく柔らかで、ほっとする響きに満ちています。こうした曲の演奏にはうってつけでしょう。

 2曲目のヴァイオリン協奏曲は難曲として有名で、以前は演奏される機会も稀だったようですが、近年は頻繁に取り上げられています。名フィルの演奏会で聴くのは今回で3回目、1回は7年前の定期演奏会(第385回定期、ソリストはアリーナ・イヴラギモヴァ)、もう一回はさらに前の特別演奏会(たぶん『コバケンスペシャル』、ソリストは名フィル・コンサートマスターの後藤龍伸)だったと思います。今回のソリストの辻は弱冠21歳、大垣市出身で、2年前にカナダの国際コンクールで優勝して一躍有名になりました。現在は東京音楽大学の学生。各地のオケとも共演を重ねる俊英です。今回の演奏会でゲストコンサートマスターを務めた荒井英二さんの愛弟子、名フィル・アシスタントコンサートマスターの矢口さんは中学、高校時代の先生だそうです。

 いつも予習して臨みますが、ショスタコーヴィチの作品は私にはとても聴ききれない曲です。この協奏曲は4楽章構成で、第1,第3楽章は遅いテンポでヴァイオリン独奏が中心。逆に、第2,第4楽章はオケとヴァイオリンが激しく掛け合うような曲調です。やはり聴き応えがあったのは第1,第3楽章。鬼気迫るものを感じるほどに、ソリストの放つ高い緊張感で感情全体が圧倒されました。第2,第4楽章ではやや音が細いかなと感じましたが、重音が連続するパッセージなどはとんでもなく難しいのでしょう。

 ソリスト・アンコールは、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV1006より、第3楽章『ロンド風ガヴォット』でした。おそらく誰もがきいたことのあるメロディーです。ショスタコーヴィチで激しく揺さぶられた感情がしっとりと落ち着きました。

 メインはショスタコーヴィチよりも少し前の時代の作曲家、プロコフィエフの代表作です。題名の通り、シェイクスピアの戯曲をそのままバレエとして演じるための音楽。全体では約2時間の大作ですが、その中からストーリーにあわせて9曲を、指揮者の円光寺が選曲したプログラムです。
1.モンタギュー家とキャピレット家
2.朝の踊り
3.少女ジュリエット
4.マドリガル
5.メヌエット
6.仮面
7.ロメオとジュリエット
8.タイボルトの死
9.ジュリエットの墓の前のロメオ

 『ロメオとジュリエット』のストーリーは説明するまでもないでしょうが、このバレエも比較的よく演じられるようです。音楽としては「モンタギュー家とキャピレット家」を表す曲が最も有名で、テレビCMやドラマのBGMなどでもたびたび使われていて、聴いたことのない人はいないでしょう。メヌエットから仮面の3曲は、キャピレット家の舞踏会の情景で、最後はロメオが自ら命を絶つ悲しい場面の曲で終わります。

 オケの編成も大きく、管楽器では通常の編成の他に、バス・クラリネットやコントラ・ファゴット、テナー・サックス、さらにはピアノ、ハープ、多くの打楽器が活躍します。色彩あふれる響きで見事に情景が描写されています。今回の名フィルは弦楽器がよく鳴って、管楽器とうまく咬み合っていたように感じました。前回の『千人』の印象が強いためか、全体のインパクトはやや弱かったか。

 本を正せば同じ題材に寄っているにもかかわらず、9月定期の『ウェストサイド物語』とは、何もかもが全く異なる音楽でした。比較するのがまちがっていますが、このような違いを感じられるのもクラシック音楽の醍醐味です。

 来月から演奏会も会場が、栄の愛知県芸術劇場・コンサートホールに変更、いえ戻ります。名古屋の地下鉄の車内にもポスターが貼ってあるので見た方もいらっしゃるでしょう。12月定期(12月7日、8日)は、現代を代表するピアニスト、ゲルハルト・オピッツのピアノ独奏で、大好きなシューマンのピアノ協奏曲です。