名フィル定期(第459回)《悪の華》と《夏の夜の夢》

 7月の名フィル定期は7月13,14日に金山の市民会館大ホールで、
ボードレール《悪の華》
をテーマとして、
デュティユー:チェロ協奏曲『遙かなる遠い国へ』
メンデルスゾーン」劇音楽《夏の夜の夢》(抜粋)
チェロ独奏:ニコラ・アルトシュテット
指揮:ティエリ−・フィッシャー(名フィル名誉客演指揮者)
で行われました。

 プログラムに記載されたテーマは《悪の華》だけですが、後半ではシェイクスピアの《夏の夜の夢》の劇音楽が取り上げられていますので、2曲とも『文豪クラシック』といえます。

 ボードレールは19世紀フランスの詩人です。発表された作品はそれほど多くないようですが、ランボーなど後世の詩人達が強く影響を受けたとされています。46歳で亡くなっているためか、《悪の華》は生前に発表された唯一の詩集のようです。恋愛を中心テーマとした内容で、それぞれの詩はそれほど長くありませんが、難解です。今回演奏されたチェロ協奏曲は、《悪の華》の中に収められた「髪」という連作詩に基づいて5つの楽章で構成されています。

 1960年代後半に作曲された、まさに現代風の曲です。なかなか入り込むのが難しい曲調ですが、チェロという楽器の様々な魅力を余すところなく表現させることを目的としたような気がします。ソリストのアルトシュテットはヨーロッパではかなり売れっ子のようで、CDもたくさん出しているようです。レパートリーも古典派からロマン派、そして現代曲と幅広い。曲ゆえでしょうが、音色の幅が広く、十分に楽しませてくれました。かなり大柄な体格で、チェロを軽々と抱え、子どもをあやしているかのように見えました。

 オーケストラの難易度はよく分かりませんでしたが、途中にヴァイオリン・パートがノンビブラートで高音を響かせる部分はうっとりするような美しさでした。

  ソリスト・アンコールは、
デュティユー:ザッハ-のなによる3つのストロフ
で、協奏曲と同じような曲調。単独で聴くのはややきついかな。名前はドイツ系ですが、フランスにお住まいなのでしょうか、アンコールの紹介はフランス語でした。終演後にはサイン会もありました。

休憩後のメインは、メンデルスゾーンの傑作です。1809年生まれで、幼い頃から才能を発揮した神童です。有名な「結婚行進曲」は、今回演奏された《夏の夜の夢》の第9曲です。シェイクスピアの戯曲は読んだことがあるでしょうか? 登場人物が多いのですが、四大悲劇や歴史劇など他の作品と比べると短くてハッピーエンドです。

 ドイツ語訳された《夏の夜の夢》の上演にあたって作曲された音楽は「序曲」と12曲で構成され、二人のソプラノと女声合唱が入った曲も含まれています。今回は抜粋で9曲が演奏されましたが、合唱も独唱もすばらしく、ホルンのソロをはじめ、管楽器群のアンサンブルもよく合っていました。メンデルスゾーンらしい響きがうまくつくられていて、1時間近い演奏時間ですが、あっという間に過ぎていきました。


IMG_4903