MET ライブビューイング《トゥーランドット》

  クラシック音楽、中でもオペラ(=歌劇)は敷居が高いと感じる人が多いようですが、いろんなところで耳にしています。また、生の上演は、そもそも機会が少ないですが、映像をそれなりの臨場感を持って鑑賞することはできます。同じように、最近では歌舞伎や、ポップスやロックのコンサートなどでも録画を映画館で鑑賞するスタイルが定着しているようです。定期的なイベントとしての嚆矢といってよいのが、ニューヨークにあるメトロポリタン歌劇場、通称METのライブビューイングです。日本では松竹が配給しています。

さて、今シーズン、2019ー2020シーズンのMETライブビューイングが先週から始まりました。今シーズンのスケジュールはここhttps://www.shochiku.co.jp/met/を見てください。ややマイナーな作品が多いのですが、プッチーニの3作品はいずれも名作です。

 オープニングは、そのプッチーニの遺作である《トゥーランドット》です。これまでにも何度か上映されています。あらすじはここを見ていただくとして、今回の配役は
   トゥーランドット:クリスティーン・ガーキー(ソプラノ)
   カラフ:ユシフ・エイヴァゾフ(テノール)
   リュー:エレオノーラ・ブラット(ソプラノ)
   ティムール:ジェイムズ・モリス(バスバリトン)
   指揮:ヤニック・ネゼ=セガン

 演出は、今年6月に亡くなったフランコ・ゼフィレッリ。1987年に新演出として上演された舞台で、名演出の誉れ高い、豪華絢爛な演出です。これぞ「オペラ」と言って良いでしょう。ゼフィレッリはビスコンティーの弟子で、映画監督としての代表作は『ロメオとジュリエット』でしょうか。

 主役はもちろんトゥーランドット姫ですが、物語を引っ張るのはカラフ。第3幕冒頭で歌われるカラフのアリア、「誰も寝てはならぬ」はトリノ五輪で荒川静香が使い、さらに開会式でパバロッティも歌ったことで有名になりました。平昌オリンピックでも宇野昌磨が使っています。みなさんもよくごぞんじでしょう。一度劇中での歌唱を聴いてみたいと思いませんか?

 今回カラフを歌ったユシフは歌手として知名度はまだまだですが、パートナーが現在世界一と言ってよいソプラノ歌手・アンナ・ネトレプコ。したがって、彼女の夫としての有名。 年前にネトレプコのリサイタル(ここです)を聴きに行きましたが、その時にも相手役として歌っていました。正直言って、奥さんの七光りで出してもらってる?という印象でしたが、今回の歌唱は見事でした。 これまでにMETで主役を歌ってきた数々の歌手たちにも十分に伍していると言ってよいのではないでしょうか。今後が楽しみです。

 オペラというと独唱者にう目が行きがちですが、このオペラの大きな魅力の一つは合唱です。METの合唱団のすばらしさもさることながら、民衆の声の迫力には圧倒されます。ライブビューイングを見て、是非とも生で聴いてみたいと感じなかった人はいなかったのではないでしょうか。

 主役であるトゥーランドット姫役はソプラノではありますが、中でもドラマティック・ソプラノと呼ばれる、力強い声質を求められる役です。歌っている時にはオケも大音量で鳴らしているため、並みの歌手では客席まで聴こえません。今回歌ったガーキーは、まだ若手ではありますが、しっかりとした声質で聴きごたえがありました。

 最後に、このオペラの役どころで最も共感を呼ぶのがリューでしょう。カラフを慕いながらも、女奴隷としてティムールに従っています。物語途中で自死しますが、いつ観ても泣けます。これは是非とも映像を見て感じてください。

 METの映像ではありませんが、ここhttps://m.youtube.com/watch?v=5vlgV3688q4で全曲を観ることができます。演出はやや前衛的です。

 次作は11月29日から、フランスの作曲家・マスネの《マノン》です。